心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 眠りの森/東野圭吾

<<   作成日時 : 2006/04/24 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

眠りの森
あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより)
美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか?完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む高柳バレエ団のプリマたち。美女たちの世界に迷い込んだ男は死体になっていた。若き敏腕刑事・加賀恭一郎は浅岡未緒に魅かれ、事件の真相に肉迫する。華やかな舞台の裏の哀しいダンサーの悲恋物語。

(ネタバレ?感想)再読5回目
 東野さんはこのあたりから何やら作風?じゃないな、なんだろう?文章の雰囲気が変わり始めた気がします。
 今から何年前になるんでしょうか?16,7年前にこの本を読んだとき正直泣きましたよ。今でもいい歳したおっさんが目をウルウルさせながら読んでしまいますけどね。
 最後の20数ページは何度読んでも哀切に満ちています。

 「加賀さん、あたし・・・・・・あたしを逮捕して下さい」
 「ええ」
 「あなたを逮捕します」

 この言葉の裏にある想いは、もはや「離さず捕まえていて下さい」「あなたを離さない」
 に思えるのは私の単なる妄想以外の何物でもないのですが、二人が結ばれて加賀の最後の言葉が守られている・・・と思っているのは読者全般疑いようのない事のような気がします。

 来年?あたり加賀恭一郎のシリーズがまたでるようなのでその時には、この辺りの近況などきちんと書いてくれなくていいのです。それと匂わせる文章をさりげなく入れてくれれば、是非東野さんの遊び心に期待したいところです。
 
 
 
眠りの森 (講談社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
眠りの森/東野圭吾 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる