心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS おれは非情勤/東野圭吾

<<   作成日時 : 2006/05/27 06:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

おれは非情勤
内容(「BOOK」データベースより)
ミステリ作家をめざす「おれ」は、小学校の非常勤講師。下町の学校に赴任して2日目、体育館で女性教諭の死体が発見された。傍らには謎のダイイングメッセージが!一方、受け持ちのクラスにはいじめの気配がある…。盗難、自殺、脅迫、はては毒殺未遂(!?)まで、行く先々の学校で起こる怪事件。見事な推理を展開するクールな非常勤講師の活躍を描く異色ミステリ。

(ネタバレ・感想)再読2回目
6×3
 小学校の体育館で女性教諭が殺された。スコアボード用の数字板には6×3と書かれていた。ダイイングメッセージなのか?
 初回からそうきましたか、という感じですが、子供向けですよね?、この話。子供たちは読んでどんなことを感じたんでしょうかねぇ。「世間体が大事ですか」教育者諸君。

1/64
 クラスで財布の盗難事件が発生!被害者は二人。その内の1人は被害額を公表しないのだが・・・。
 今時の子供たちはこんな遊びをしているのでしょうか?それとも、ただのフィクションとして考えればいいのかな。しかし、良く考えるものだなぁ。

10×5+5+1
 新しく赴任したクラスの前担任は事故により亡くなっていた。クラス内の子供にも元気がない。前担任の事故が影響しているのか?
 なんとも切ない終わり方ですね。現在の新米教師を間近で体験しているかのようですね。

ウラコン
 クラスの子供たちの様子がおかしい。何か別な重大なことに心を奪われているようなのだが・・・・・。
 「人間ってのはさ、好き嫌いがあって当然なんだ。・・・人を好きになって得をすることはたくさんあるけれど、嫌いになって得することなんてめったにないってことさ。だったらわざわざ嫌いな人間を探すこともない。」非常勤講師熱血化第1歩。

ムトタト
 修学旅行を中止せよ、小学校に置かれていた奇妙な脅迫状。中止しなければ自殺すると書かれていたのだが・・・・・。
 実際にこんな事件が確かあった気がするんですが・・・。「逃げて解決することなんか、この世の中には一つもない」今は逃げなきゃ解決できないことも増えました。昔のような時代には戻れないんでしょうか?

カミノミズ
 授業をはじめようとすると一人の子供が苦しみだした。どうやらペットボトルの水を飲んだらしいのだが、ラベル部分に「神の水」と書かれていた・・・。
 「子供に飯だけ食わして、その子供がどういうふうに育つか知ったこっちゃないという顔をする親がいたら無責任だと思うだろう?」
「だけど、そういう親は多いぜ」
 子供の目は真実を捉え易くできているのでしょうか・・・。
 しかし、こんな事書くから親からクレームがきちゃうんでしょうね。クレームをつけた人は上記の様な人でしょうかね。

放火魔をさがせ
 放火魔が出没する町内で竜太は父親と一緒に夜回りに参加することになる。そしてその当日夜回りメンバーの一人の家がまたしても放火されるのだが・・・。
 竜太の人柄なのか、なんとなくほのぼのとした感じをうけます。解決後の竜太の身は・・・かあちゃんにばれたのでしょうか?

幽霊からの電話
 家の留守電に入っていたかあちゃんからの伝言、間違い電話らしく、友達のところにも同様の留守電が・・・。竜太は犯人捜しに乗り出したのだが、声の主は亡くなっていた・・・。
 最後にファンタジックとまではいかないまでもちょっと泣けるお話。竜太の将来は0点でも充分に明るいと思えるのは私だけだろうか?

 東野さんは、いかにも子供向けというものは書きませんね。かなり熱い教師というふうに自分では感じられましたが、非情勤講師の今後は小説家への道が開けたのでしょうか?
おれは非情勤 (集英社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東野圭吾 「おれは非情勤」 集英社文庫
東野 圭吾 おれは非情勤 ...続きを見る
無節操ニンゲンのきまま生活
2006/07/25 09:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
TBしましたのでよろしくお願いします。
東野さんファンなのですね!
私は今年になって初めて東野作品を読んだのですが、
今おもしろくハマリ中です^−^
izura
URL
2006/07/25 09:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おれは非情勤/東野圭吾 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる