心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 探偵ガリレオ/東野圭吾

<<   作成日時 : 2006/05/28 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

探偵ガリレオ
内容(「BOOK」データベースより)
突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

(ネタバレ・感想)再読3回目
燃える もえる
 周辺住民を悩ませているバイク乗りたち、ある夜中そのうちの一人が髪の毛から火を放って焼死した。なぜ突然発火したのか?
 「童話を一つ吹き込ませてくれ」最後の場面は何もいわないけど感慨深いものがある。
 こういうところが魅力なのかな。

 転写る うつる
 文化祭の出し物として「変なもの博物館」に陳列された石膏像「ゾンビのデスマスク」。しかし、そのデスマスクは音楽教師の親友の兄に似ていた。陳列した生徒は、池で拾った金属のデスマスクから造ったというのだが・・・。
 科学者はオカルトを信じない。しかし、たまには冗談をいうそうです。
 どこまで本気なのでしょうかねぇ・・・・。

壊死る くさる
借金を返せない聡美。結婚をせまる田上。二人の利害が求め合ったとき誰にもばれない殺人が決行される。しかも、殺されたマーケット店主の胸には壊死した痣が・・・。
 本当に腐っていたのは・・・君の心だ。
 そうなんですが田上さん、あなたの心も充分に醗酵してると思いますがね。50歩100歩でしょう。

爆ぜる はぜる
海水浴にきたある夫婦。妻が沖合いで浮かんでいると突然轟音と共に妻が火柱に変わった。
帝都大理工学部卒の若者がアパートでなくなった。その部屋から見つかった1枚の写真は帝都大の駐車場。関連は・・・。

 「いかなる理由があるにせよ、エントリーを忘れるような選手は試合に出るべきではない。」
 なんとも教訓的なお言葉ですね。誰かの想いはエントリーすることすら奪いとってしまいましたが・・・。

離脱る ぬける
その時少年は宙へと舞った。そして描いたスケッチ。ほぼ同時期にOLが自宅で殺される。犯人と目される保険外交員。しかし、少年の描いた車の絵は外交員のアリバイを証明してしまう・・・。
 子供嫌いの湯川、ちょっとイメージ的にはそうでもないように感じますが、事実のようですね。
 蕁麻疹が出てしまうほどとは・・・・アレルギーなのか?科学的根拠で説明を、ね湯川助教授。

 湯川学のイメージが佐野史郎とはどうしても重ならない。映画「夢みるように眠りたい」の探偵役かららしいのだが、見ていないので今度探してみよう。
 トリックと目されるものは、かなり難しい、理解というほどわかりきれないものもあり、まさしくサイエンスミステリである。
 しかし、このシリーズの根底に流れているものは人間味ある交流劇ではないかと思う。
 その過程に「容疑者Xの献身」が存在するわけで今後もやはり楽しみなシリーズだ。

探偵ガリレオ (文春文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
探偵ガリレオ 東野圭吾
装画は塩谷博明。装丁は鶴丈二。初出オール讀物。連作短編集。再読。 警視庁捜査一課の草薙俊平は大学時代の友人で物理学科助教授の湯川学に、手詰まりな事件の解決協力を依頼。 燃える―もえる:突然燃え上がる頭/転写る―う& ...続きを見る
粋な提案
2007/10/30 01:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
完全に文系人間なので一度目はお手上げでした。
今回再読してみてもわかりきれなくて
人間ドラマ重視で読みました。
藍色
URL
2007/10/30 01:21
藍色さん、こんにちわ。
 当時「探偵ガリレオ」を読んだ時の感じは、人の優しさや思いやりを旨く裏側に隠しているなぁ、というものでした。正直、サイエンスはメインを張っているようで、実は湯川や草薙の人間像を浮き彫りにすることが狙い?そんな風に感じたのです。
 しかし、東野さんのインタビュー記事にそういった記述を見つけることは出来ませんでしたし、色々な方の書評を見てもありません。
 それでも、今でも自分の中の湯川は人間味に溢れた人物です。
カイ
2007/10/30 12:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
探偵ガリレオ/東野圭吾 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる