心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 名探偵の掟/東野圭吾

<<   作成日時 : 2006/05/31 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

名探偵の掟
内容(「BOOK」データベースより)
完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、恐るべき「ミステリ界の謎」とは?本格推理の様々な“お約束”を破った、業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリ。

(ネタバレ・感想)再読3回目
プロローグ
迷脇役を演じ続ける県警本部捜査一課の大河原警部。名探偵より役立ってはならないその辛さ。いかがなものか?
 「しかしそれも今日で終わることになりそうである。」大河原警部の独白で始まるこの語り、このとき東野さんの中で本格推理への決別的意識が書かせた言葉なのかと訝ってしまいます。

密室宣言  トリックの王様
奈落村の名家壁紙家。跡取り息子の祝いが行われたその日、花嫁の縁者である男が殺された。犯行現場は密室・・・。
 デビュー作にも登場の心張り棒トリック。しかし、密室殺人をこき下ろすにも程が・・・。

意外な犯人  フーダニット
山奥に建てられた北欧風の一軒家牛神邸。そこで油絵描きの牛神貞治が殺害される。多くの容疑者の中からあぶりだされる意外な犯人とは・・・・・。
 この短編は自分のことを言われている様でいごこちの悪い作品でしたが、まったく考えていないわけではないのですが・・・。競馬予想しなくても・・・ねぇ。

屋敷を孤立させる理由  閉ざされた空間
矢加田邸の離れでのパーティー中に招待客の一人が殺された。山道は爆破事故で通行不能。犯人はこの中の誰か?しかし皆にはアリバイが・・・。
 かなり不自然な設定というものは孤立する屋敷ものでは珍しくない。しかし、それを云々するだけのものを自分は持っていない・・・かなぁ。結構好きだしね。

最後の一言  ダイイングメッセージ
玉沢物産のワンマン社長が、自宅の書斎で殺された。絨毯には墨で文字のようなものが・・・WEXと読めそうなのだが・・・。
 ダイイングメッセージは書いてある通り、犯人の名をなぜ書かない、と自分も思ってしまうので・・・。 う〜ん却下。

アリバイ宣言  時刻表トリック
軽井沢のホテルで若い女が殺された。容疑者は昔の恋人、しかし、容疑者には完璧なアリバイが・・・。
 アリバイトリックで面白かったのは西村京太郎「終着駅殺人事件」だけ・・・ですね。
 間違ってもこの犯人のように披露したい人間はいないと思いますが・・・どうでしょうか?

『花のOL湯けむり温泉殺人事件』論  二時間ドラマ
会社の慰安会途中で気分を悪くした女性が消えた。ほどなく宿泊先に近い林の中で遺体となって発見された。部屋には遺書らしき便箋が・・・。
 火曜サスペンスとかの二時間ドラマはほとんど見た記憶がない。
 しかし、製作会社やらスポンサーやらの介入が現実にあるのなら、原作者は可哀想である。

切断の理由  バラバラ殺人
糸鋸山の森の中で女性のバラバラ死体が発見された。
なぜバラバラにする必要があったのか?バラバラにされた理由とは・・・?

 天下一の推理がほほうと頷けた瞬間のオチ。それじゃ話にならんでしょうが・・・とはいっても現実はそんなものかもしれませんね。

トリックの正体  ???
黄部雅吉の隠し子を名乗る男が屋敷に現れる。その真偽について調査を依頼される天下一だが、屋敷に到着した矢先に灰田次郎は殺される。
 まさに小説のなかだけの虚構である。見ればわかるわい!という前の問題です。

殺すなら今  童謡殺人
凸凹島で起こった殺人事件。殺害方法は凸凹島に伝わる童謡をなぞらえて行われた。そして、第二第三の事件も同じように童謡をなぞらえて行われていくのだが・・・。
 オチが見えてきてしまう題名ですが、気づくのが遅い!

アンフェアの見本  ミステリのルール
町の名士である大黒一郎が、贈られてきたチョコレートを口にして死亡した。警察の捜査もむなしく第二の殺人が起きてしまう・・・。
 見事?な叙述トリックでもないですかね。どうも最後の一発芸的なお話は・・・。

禁句  首なし死体
瞑想にふける場所、高さ60メートルの塔で首なし死体が発見された。捜査を行うと行方の解らなかった容疑者も死体で発見され・・・。
 これってきちんとした形で小説に出来たでしょうにもったいない。

凶器の話  殺人手段
異文峠にあるロッジ「ロの字館」。その中庭で製薬会社社長が遺体で発見された。刺殺にもかかわらず凶器が見つからない。凶器はどこに・・・。
 そんなねぇ、無理に犯人を作らなくてもいいでしょう。意外な凶器であるのは事実ですが、惜しげもなく短編に使いますね。

エピローグ
「蛇首村子守唄事件」。卍家の居間で事件の関係者が集まる中で、今から天下一の推理が始まろうとしていた・・・。
 シリーズ最後の常套手段?ですか?これがねぇ・・・。

最後の選択  名探偵のその後
超大金持ちの所有する無人島の別荘でパーティーが行われる。招待客は皆探偵の経験を持つものばかりであったが、次々に殺されていく。犯人はいったい誰なのか・・・?
 それで総てが終わる?そして誰もいなくなった・・・。

今でこそ、この当時のことなど、インタビューで書かれていたりしますので、そうなんだ、と思えるんですが、発売当初はただのパロディにしては自虐すぎるのでは・・・なんて深読みしたりもしましたね。事実は、「本格ミステリを書いてる人が喜んでくれたから」らしいのですが・・・。本格系を書く意欲を失っていた事実もあるようですし・・・どうなのでしょうか。
 この本は、ミステリというものがどんなことの土台の上になりたっているのかを考えるのにはいいかもしれませんね。
名探偵の掟 (講談社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『名探偵の掟』 東野圭吾
<探偵ガリレオ>のシリーズ3冊を読み終わって、他にもこの作者の本を読んでみたくなったものの、さて、どれから手を付けて良いかわからない。 長編に手を出して途中で挫折してもなあ、なんて思っていたときに見つけたのがこの短編集。 おまけに古今東西のミステリーのパロディになっているというので、これなら気軽に読めるかなといそいそと購入。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2008/10/19 21:35
【本】名探偵の掟
         『名探偵の掟』       東野圭吾       講談社文庫【comment】以前なんとなく購入したのですが、これってテレビ朝日系でドラマ化しているんですね〜松田翔太さん、木村祐一さん、香椎由宇さんが出演しているそうです。 &nbsp;-内容-天下一大五郎は、難事件が発生すると何処からともなく現れる『頭脳明晰、博学多才、行動力抜群』の名探偵。一方、大河原番三は、難事件に対し的外れな推理ばかりする警視庁捜査第一課の警部。実はこの二人、“天下一大五郎探偵シリーズ”と銘打った小説の登... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/05/23 15:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名探偵の掟/東野圭吾 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる