心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 扉は閉ざされたまま/石持浅海

<<   作成日時 : 2006/05/10 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

扉は閉ざされたまま
あらすじ(「BOOK」データベースより)
久しぶりに開かれる大学の同窓会。成城の高級ペンションに七人の旧友が集まった。(あそこなら完璧な密室をつくることができる―)当日、伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室できないよう現場を閉ざした。何かの事故か?部屋の外で安否を気遣う友人たち。自殺説さえ浮上し、犯行は計画通り成功したかにみえた。しかし、参加者のひとり碓氷優佳だけは疑問を抱く。緻密な偽装工作の齟齬をひとつひとつ解いていく優佳。開かない扉を前に、ふたりの息詰まる頭脳戦が始まった…。

(ネタバレ・感想)
 2005このミス第2位
<著者のことば>
「鍵のかかった扉を、斧でたたき壊す」
本格ミステリの世界にはよくあるシーンです。「そうではない」話を書こうと思いました。閉ざされた扉を前にして、探偵と犯人が静かな戦いを繰り広げる。この本に書かれているのは、そんな物語です。対決の立会人はわずかに四人。あなたが、五人目です。

 著者の言葉通り、叩き壊せない状況にする事、そして、実行する動機を持つ事。

 ある意味そこへ結論として持っていくだけの形にしたことはすごいのかなと思います。

 推理合戦についても優佳と伏見の馴れ初めを交えながら絶妙に絡んで繰り広げられる頭脳戦は読んでいて気持ち良い。

 でも、何かが足りない???。

 小説中、最後には開かれる扉。

 読後、私の心の扉は閉ざされたままである。 
扉は閉ざされたまま (ノン・ノベル)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
扉は閉ざされたまま 石持浅海
イラストはサイトウユウスケ。装幀はSONICBANG CO;。06年版「このミステリーがすごい!」第2位。 七人の旧友が集まる大学の同窓会。伏見亮輔は客室で後輩の新山を殺害、現場を閉ざします。疑問を抱いた碓氷優佳は偽装工作の齟 ...続きを見る
粋な提案
2007/10/04 11:15
『扉は閉ざされたまま』 石持浅海
こういったタイプのミステリーを「倒叙ミステリー」と呼ぶんだそうです。 先ず殺人ありき。 読者には最初に、犯人が誰で、どうやって殺したのかがわかっています。 後は犯行を隠匿しようとした犯人と、それを見破ろうとする探偵役との知恵比べがメインとなります。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2009/01/11 08:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
倒叙モノ大好きなのでワクワクしながら読みました。
でも動機はかなり弱い気がしてしまいました。
途中はすごく楽しめたので残念です。

トラバさせていただきました。
藍色
URL
2007/10/04 11:18
 藍色さん、こんにちわ。
 倒叙ものは自分も大好きです。優佳と伏見の推理戦は中々のものだったと思います。
 動機については、以外にもそれほど反論はありません。
 知られざる心の奥というものは自分にもありますから…。まぁ殺人を犯すほどのものではありませんけどね。
 期待の大きな作家さんではあります。
カイ
2007/10/05 12:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
扉は閉ざされたまま/石持浅海 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる