心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS イルマーレ

<<   作成日時 : 2006/11/24 07:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イルマーレ
内容(「BOOK」データベースより)
1997年末、海辺に建つ一軒の家「イルマーレ」。イタリア語で「海」と名付けられたその家に引っ越してきたソンヒョンは、見知らぬ女性ウンジュから奇妙な手紙を受け取る。その手紙には「イルマーレに住んでいた者です。私宛の手紙が来たら新しい住所まで送ってください」と書いてある。しかし、この家は建ったばかり。しかも、手紙の日付は2年後の「1999年」とある。訝しがるソンヒョンだったが、その後も届くウンジュからの手紙で、2年後の世界の彼女とイルマーレの郵便箱を通じて手紙のやり取りをしていることを信じるようになる。一方、ウンジュも自分の手紙が2年前のソンヒョンに届いていることを知り、二人は手紙を通して次第に心を開き始める。そして、二人は2000年に会う約束をするのだったが…。時空を越えて通じ合う孤独な男女の愛を描く、ファンタジー・ラブストーリーの傑作。

(ネタバレ・感想)
 本作はハリウッドでリメイクされた「イルマーレ」の原版なわけですが、途中までは一体どんな結末になるのかとワクワクして観ていたのですが・・・。

 ラストは、???なんじゃこれは・・・。と目が点になってしまった。

 結構SFが好きなもので時間の流れについては自分の捉えている概念があるのだが、あのラストでは、主人公とヒロインが結ばれたわけではない。という結論になってしまう。
 
 手紙のやり取りをしていた当人同士ではなく、やり取りをする前の女性に会いに行く?
 でもそれって、2年後を生きるウンジュはまったく蚊帳の外ってことになりますが・・・?
 手紙をやり取りしていた当人同士が結ばれないっていうのはねぇ・・・。
 どうなんでしょうか?ソンヒョンもそれで良しなんて冷たいじゃないですか・・・。
 もう少し違った終わり方が見出せる気もするのですが・・・。

 ハリウッド版も同じ結末なのでしょうかねぇ・・・・。
イルマーレ [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イルマーレ 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる