心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜明けの街で/東野圭吾

<<   作成日時 : 2007/07/16 07:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

夜明けの街で
(内容紹介)
15年前の殺人事件。
まもなく時効を迎える。
僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。
渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。果たして秋葉は罪を犯したのか。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた…。
緊迫のカウントダウン。衝撃のラストシーン。
著者渾身の最新長編小説

(ネタバレ・感想)
 かなり不評を被っている本書のようですね。
 自分はそれほど悪くないという読後なのですが、なぜにそれほどこきおろされているのでしょうか・・・?
 帯には「新境地にして最高傑作」の文字。
 正直いまさらって感じです。最高傑作はまぁ人それぞれですから置いとくとしても、東野さんの最新作はいつも新境地というより開拓地です。
 帯に嘘偽りありなんていうつもりはないですが、もう少しなんとかならないもんですかねぇ・・・発想が貧困です。

 小説のほうは確かに内容として全編不倫の内容だらけで、ほめられたものではない内容である。
 経験者と非経験者でまったく違う読後になるんだろうなとは思うし、既婚者と非婚者でも違うだろう。
 当然、女性と男性でもまったく違うのだろうし、年齢によっても様々なのだろう。
 不倫なんてと、さも自分は道徳者だといわんばかりの人もいるだろうし、それぐらい、と意に介さない人もいるのだろう、軽蔑の鎖を絡ませたまま、なんだこれはと吐き捨てる人もいるかもしれない・・・。
 だからどうだと言う気はまったくないのだが、人それぞれの恋愛感なわけで、自分に合わないからとばっさり切り捨てる書評もどうかとは思うのだが・・・それもまた人それぞれなのか・・・な。

 自分は、かなりのインパクトを持って読み終えました。
 背徳というのか不道徳というのか解らないが、不倫とは悪なのだろうか?確かに今回のシチュエーションから考えると良い行いとは言いがたい・・・だが、奥さんが悪妻だったら、子供がいなかったらと状況の違いを考えてみるとどうなるのだろう・・・正直自分には一概に総て駄目とも言いがたい気もするのだが・・・。
 
 確かに今回の内容は感情移入できるものではない。
 そんな経験もなければ、不倫なんてと嫌う人にとってはつまらなく感じてもしょうがないのだろうが・・・。
 「一ファンとして失敗は失敗と言ってあげるべきで、甘やかしてはいけない」なんて書評もあったけど、う〜んなんか違う気もするんですよねぇ・・・どうなんでしょうか?
 自分は不倫を肯定するつもりなんてないけど、本作は小説としては良かったと思うんですがね。

 東野さんは不倫経験者なのか?と疑いたくなりそうなほど・・・不倫に埋没していく渡辺の心中などは素晴らしく見通しているように感じました。(ちょっと長すぎる感はあったけどね)
 作中で渡辺を説得する際の新谷の言葉にも真に迫るものがありましたね。
 巻末に再登場する新谷は、追い討ちをかけるようにその身をもって語りかけてきますしね。
 
 ミステリ的な衝撃のラストシーンは、まぁ既刊の作品ほどの衝撃には及ばないのかもしれませんが、前半の不倫そのものが伏線というちょっとした驚きもあり、あぁ〜と軽い納得ができたので充分でした。

 まぁ考えて見るに、というよりは、東野さんの本が発売当初から評判を得たなんて作品、デビュー以来、ファンになって23年間・・・・・「容疑者Xの献身」ぐらいだと思うんですがね。
 その「容疑者・・・」も直木賞を取る前の書評は絶賛、取ったとたんに批判という状況でした。
 今でこそ傑作なんてよばれる「白夜行」でもドラマがやるまでは20万部ぐらいですよね、ドラマで80万部になり、直木賞取って130万部へというんですからどれだけほって置かれたことやら・・・。
 読者も世相に揺さぶられすぎだと思うのですが・・・。
 とはいえファンが増えてくれた事で東野さんの新作も読めるわけですからありがたいことです。
そういえば↓インタビューありましたね
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/ref=amb_link_50257006_2/503-3285941-7375112?ie=UTF8&docId=1000101526&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-4&pf_rd_r=1PZ8CYTPS4NG4B7Y8QM4&pf_rd_t=101&pf_rd_p=78397006&pf_rd_i=466284
 
夜明けの街で

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夜明けの街で 東野圭吾
装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。写真は(c)TOMOYOSHI OSHIYAMA。「野性時代」2004年9月号〜2007年4月号掲載を加筆修正。 主人公で語り手の僕:渡部は派遣社員の仲西秋葉と以前は軽蔑していた不倫の恋に。でも彼女は15年前、父親& ...続きを見る
粋な提案
2007/08/04 22:56
夜明けの街で 東野圭吾 角川書店
不倫の話でしたねえ・・。 もう、初め主人公の渡部が派遣社員の秋葉と深い仲になって いくとこなんか、もうあんまりベタなんで、どうしようかと思いましたよ(笑) これって、男の人の夢だよなあ・・。 美人の、他の男には冷たいツンデレタイプの若い女の子が、なぜか 自分には積極的。秘密のデート。あっさり抱かれてくれて・・・。 なんでこんなにベタな恋愛書いてるねん、と突っ込みたくなった ところにやっと事件の影が見えてきて、正直ほっとしました。 ...続きを見る
おいしい本箱Diary
2007/08/08 02:14
夜明けの街で
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→小説レビュー、から見れます ...続きを見る
20XX年問題
2007/09/20 22:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夜明けの街で/東野圭吾 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる