心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS アルキメデスは手を汚さない/小峰元

<<   作成日時 : 2007/09/13 19:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

アルキメデスは手を汚さない (講談社文庫)
内容(「BOOK」データベースより)
「アルキメデス」という不可解な言葉だけを残して、女子高生・美雪は絶命。さらにクラスメートが教室で毒殺未遂に倒れ、行方不明者も出て、学内は騒然!大人たちも巻き込んだミステリアスな事件の真相は?’70年代の学園を舞台に、若者の友情と反抗を描く伝説の青春ミステリー。江戸川乱歩賞受賞作。

(ネタバレ・感想)再読
 25年前に読んだ時ほどのドキドキ感はやはりないですなぁ。
 もはや、内容もほとんど忘れていたにもかかわらず新作感覚で・・・ともいかない。
 復刊してたのでつい買ってしまったのですがねぇ。

 読んだ当初は15歳ですからねぇ。おっさんになってしまった今では感受性も何もあったもんじゃありませんねぇ。
 ただのおっさんには共感も、もはや鈍感に鳴り響くだけです。
 
 ストーリーはテンポよく進行するし文章的にも読みやすい。普通に考えると好みな小説なのです。
 がドラマが浮かんでこないんですよね。主人公にしても脇役にしても、どうも今の自分には納得できる人物像が重ねられない。
 老いて子供心を失ったからと言えばそうなのかもしれないが、なぜ本書が乱歩賞を受賞したのかとさえ思ってしまう始末で、困ったものです。自重しなければ・・・。

 決して面白くないわけではない。
 今回もうだうだ思いながらも結局一気に読んでしまっているわけで・・・やっぱ、基本は面白いんでしょうね。
 それほどの高さを築いているわけでもないんですが、おそらく自分の中のハードルが年々高くなっているのでしょうね。
 実際25年前にはドキドキしながら楽しんだ記憶だけは変わらないのですから・・・。
アルキメデスは手を汚さない (講談社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 「この小説との出会いが、本嫌いだったバカ高校生の運命を変えた」という東野圭吾の推薦文を帯に書いたら7万部売れた、ってやつですね。東野パワー恐るべし!

 私が読んだのは34年前でしょうか(買ったのは兄貴ですが)。ドキドキしたのかどうかすら覚えてませんが…。(^^;
higeru
URL
2008/11/01 00:00
higeruさん、こんにちわ。
>東野パワー恐るべし!
ホントにすごいですね。これも今だからできることですが、15年前だったらそんな事は書かれなかったでしょうね。
これからもよろしくです。
カイ
2008/11/02 06:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アルキメデスは手を汚さない/小峰元 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる