心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 流星の絆/東野圭吾

<<   作成日時 : 2008/03/10 23:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

流星の絆
(作品内容)
「BOOK」データベースより
惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。

全ての東野作品を凌ぐ現代エンタメ最高峰!
殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、静奈の兄妹。十四年後、泰輔が事件当日目撃した男に、功一が仕掛ける復讐計画。誤算は、静奈の恋心だった。

(ネタバレ・感想)
 非常に楽しみにしていた新作である。
 連載当初から「白夜行」を彷彿させる展開に、新たな名作誕生などと噂があった作品。

 毎度のことながら終って後悔する。
 なんでもっとゆっくり楽しみながら読めないのか。読み始めから、ほぼノンストップで読み終えてしまいました。
 読み始めたらもう、兄妹の行く末が知りたくてしかたなくなるのです。アクセルを開けっ放しにした車のごとく猛スピードで駆け抜けてしまいました。

 本作は非常に良心的というのか、張り巡らされた伏線がこの人以外に犯人はいないというほどちりばめられていた気がします。
 ただ自分は、伏線で看破したわけではなく、犯人登場と同時に、こいつ犯人だなとなぜか感じてしまいました。
 何か違和感を文章上で感じた結果なのですが、読み終わってからもう一度登場シーンを読んでもその理由がいまだによくわかりません。
 こんなことはよくある話なんですが、はて?何がひっかかったものやら・・・。
 読み進めれば進めるほどにやっぱりこの人が犯人!と思わされる記述が結構出てきました。
 だからといって面白さを失うことなく久々に東野ワールドを堪能できたなと思いました。
 
 本作は、東野さん曰く「この小説は私が書いたのではない。
                    登場人物たちが作りだしたのだ。」とのことである。

 まさに、その通りなのかもしれないと一人頷いてしまっている自分がいたりするのだが、東野さんは、もともと物語のプロットを構築してから小説を書かずに、書きながら次の展開を考えていくという書き方らしいので、なるべくして行き着いた終着点なのだろうなぁ。
 
 それにしても、正直歳をとったなぁと実感せざるおえない程、涙腺が緩んでます。
 惨殺後の静奈と功一のシーン、ラストでみせる兄妹の絆の柔らかさ、昔の自分ならこの程度では泣かないと思う場面でも静かに頬をつたってしまう。
 このごろの東野さんの文章には人の涙を誘う優しさがあり、終わりに感じていたやるせなさが少なくなってきましたね。
 これは吉兆なのでしょうかねぇ・・・?

 すべての東野作品を超えた!と帯にはあるが、まぁ毎度ながらどこの出版社さんも安直に最高峰の言葉を乱発しすぎである。
 多くの言葉を必要とするほど東野さんの作品は薄くもないだろう・・・と思うのですが。
 どうなんでしょう・・・。
流星の絆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
流星の絆: 東野圭吾
通勤時間はもっぱらQUEEN に充てているので、読書量は激減しているのですが、 東野圭吾だけは相変わらず止められません。ファンの域を通り越してもはや信仰者です。 1993年頃文庫本の『放課後』を読んだのが最初、その後文庫本として店頭にあったものを片っ端から読み、 『.. ...続きを見る
裏キングギドラ
2008/03/14 12:24
「流星の絆」仕掛けた復讐計画の顛末は・・・。
「流星の絆」★★★期待しすぎました 東野圭吾著、1,700円、講談社 ...続きを見る
soramove
2008/05/22 22:27
『流星の絆』(東野 圭吾) <感想&書評>
流星の絆東野 圭吾 講談社 2008-03-05売り上げランキング : 324おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 ...続きを見る
Book A GoGo!!! 〜本の読書...
2008/05/30 22:09
流星の絆<東野圭吾>−(本:2008年96冊目)−
流星の絆 出版社: 講談社 (2008/3/5) ISBN-10: 4062145901 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/07/27 02:45
君が流星を見る前に・・・
こんばんわ。もちろん八百長はしてないチャーリーです。 前にも言ったけど、長らく沖縄ネタしか書いてなかったから、久々ノープランでパソコンの前に座ってます{%ひま(ゴロン)hdeco%} まあ近況言うても相変わらずの生活しか営んでないんで特筆することも正直ないんだわ{%涙(ヒタヒタ)hdeco%} とはいえ、それこそが本ブログの根幹・本質であることは言うまでもありません。コンセプト通りただひたむきに「どうでもええこと」を綴る作業に勤しんでいきたいと思います。 ...続きを見る
チャーリーのひとり連絡網
2009/05/14 00:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
流星の絆/東野圭吾 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる