心の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 容疑者Xの献身 劇場版

<<   作成日時 : 2008/10/05 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 44 / コメント 2

画像
<内容>
監督:西谷弘  脚本:福田靖  製作:亀山千広  企画:大多亮
原作:東野圭吾  音楽:福山雅治、菅野祐悟  撮影:山本英夫
製作国:2008年日本映画  上映時間:2時間8分  配給:東宝

 天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっていた富樫。元妻である靖子が容疑者として捜査線上に上がるが、彼女には完璧なアリバイが存在していた…。
 
 東野圭吾の物理学者湯川シリーズ「探偵ガリレオ」「予知夢」をドラマ化し、高視聴率を記録した「ガリレオ」。本作は、「ガリレオ」シリーズの唯一の長編であり、第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞に輝いた同名作を映画化。出演は、ドラマ版でも“ガリレオ”こと天才物理学者・湯川を演じた福山雅治、湯川とコンビを組む女性刑事に柴咲コウをはじめ、ドラマレギュラー陣が総出演。また、本作の真の主役と言っても過言ではない、湯川と大学の同期生で天才数学者・石神に堤真一、美人容疑者役を松雪泰子が演じる。

(ネタバレ・感想)
 まさか初日に観ててしまえるとは思いもよりませんでしたが観てきました。

 原作にはかなり忠実に創られていましたので、これまでの映像化の中ではかなり優秀なほうだと思います。
 
 演技は、みなさん上手く、石神役が堤 真一さんになったときは落胆した自分でしたが、堤さんの演技も段々と石神に見えてきてしまうほど近しい演技をされたと感嘆しました。
 ただ、最後の慟哭するシーンは原作通りにしてほしかったですね。警察がむげに連れていってしまっては名シーンも半減しちゃいました。やはり湯川の制しした後の’せめて泣かせてやれ’の一言がほしかったかなぁ・・・。扉の向こうで拳握ってる場合じゃない。
 その他には、花岡靖子役が松雪泰子さんだったのは物語上プラスだった気がしますね。こちらは逆に原作で感じられなかった靖子の魅力を感じとれて、陰ある女性をうまく好演されてました。
 それにしても松雪さんは綺麗すぎますねぇ。

 基本キャストにはほとんどクレームをつける必要はないのですが、工藤役のダンカンだけは勘弁でした。
 みなさんの最上の演技もダンカンが登場しただけで台無しになります。
 やはり自分のイメージが先行しすぎて受付がたいものがあります。
 まぁ工藤に重要性をあまり与えていない感もあり、どうでもいいと言ってしまえばそれまでですがね。

 ただし、やはり映画は別物と認識したほうがいいのでしょうね。
 観たあとでなんか説明不足というか、物語を早歩きでさらっといってしまった感じが否めずに原作を再読してみてびっくり、どえらいほど削られていることを認識しました。
 時間の制約があるにしても雪山登山やらオープニングの実験やらと映画的にしている精神はどうも・・・。
 ドラマでのお決まりのポーズや音楽がなかったことは救われる思いですが、もっと原作の重要な部分を入れてほしかったかな。 
 原作を5回も読んでしまっている自分としてはかいつまんだ内容でも解るんですが・・・映画だけを観た人は意外に解りにくかったのでは?と思いますがどうたったのでしょうねぇ・・・。

  特に、原作のラスト20ページ部分なんかはほんとにそのまま行ってほしかったですね、靖子に対して行うはずの謎解きが石神にまとめられてしまったことは非常に残念無念。
 あそこで靖子にする湯川の説明がいやが上にも’献身’を強烈に印象づけるシーンになるはずなのに・・・。そして、その演技を観たかったですね。
湯川のそのときの出始めはこんな感じでした。
 「彼はあなた方を守るために、大きな犠牲を払ったのです。僕やあなたのようなふつうの人間には想像もできない、とてつもない犠牲です。彼はたぶん事件が起きた直後から、最悪の場合には、あなた方の身代わりになることを覚悟していたのでしょう。すべてのプランはそれを前提に作られたのです。逆にいうと、その前提だけは絶対に崩してはならなかった。しかし、その前提はあまりにも過酷です。誰だってくじけそうになる。そのことは石神もわかっていた。だから、いざという時に後戻りが出来ないよう、自らの退路を断っておいたのです。それが同時に、今回の驚くべきトリックでもありました。」
 自らの想いの逃げ場を絶つがために石神は行動しなくてはならなかった。ただの身代わりではなく真実の犯人になるために・・・。

 それにしても、淡々と描かれた本作ですが、素晴らしい演技の数々を思えばこそ、映画では内海に会う前の設定にもどして原作通りいってほしかったですね。
 根本にあるはずの二つの友情と一つの愛情は、内海が登場することで一つの友情と一つの愛情になってますしねぇ。
  実際、内海薫は「容疑者Xの献身」以降の作品で草薙に捜査協力をしなくなった湯川を再び引き戻す役で登場するわけで・・・この作品ではいらないかなあぁ。
 
 とはいうものの、かなり実力派の方ばかりで、全体的な質は非常に良い仕上がりだと思います。
 細かいところに不満があるとは言いながら、これは原作に比してということで個人的な思いの部分が大きすぎるだけなのかもしれませんね。
 十分堪能できる映画でした。

 近々、本日テレビでやっているガリレオのスペシャルの原作「ガリレオの苦悩」や実際に内海が登場する「聖女の救済」なども出版されるとのこと。
 楽しみに待つとしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(44件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
容疑者Xの献身
献身る(まもる)   ...続きを見る
Akira's VOICE
2008/10/07 10:44
劇場鑑賞「容疑者Xの献身」
「容疑者Xの献身」を鑑賞してきました変わり者の物理学者、湯川学が難事件を解決する東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズを、福山雅治主演でTVドラマ化した「ガリレオ」の劇場版。今回の原作は、小説シリーズ中、初長編にして、第134回直木賞に輝いた同名小説。TV... ...続きを見る
日々“是”精進!
2008/10/07 10:46
容疑者Xの献身
ポイントが溜まっていたので、公開初日の朝一で「容疑者Xの献身」を鑑賞。 テレビでも好きで観ていたので、公開を楽しみにしてました♪ ...続きを見る
いい加減社長の映画日記
2008/10/07 10:53
容疑者Xの献身/福山雅治、柴咲コウ
TVドラマは最初から全部観てるんだけど、肝心の最終話がイマイチで全体の印象もやや霞んでしまいました。この『容疑者Xの献身』は確か当初から映画版として制作予定されてたものだし、原作は直木賞受賞作品という事でちょっと楽しみにしてました。 ...続きを見る
カノンな日々
2008/10/07 11:54
容疑者Xの献身
東野圭吾さんのガリレオシリーズ『探偵ガリレオ』『予知夢』『容疑者Xの献身』は読みました〜で、、、≪第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞≫を受賞し、『〜運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪〜』というキャッチコピーの元、涙なくしては読めない―という超人気作『容疑者X〜』ですが、、、私は少数派だったようで(汗)、イマイチ感動出来なかったのですが(滝汗)、映画は観てみようと思っていました〜というのも、TVドラマをほとんど見ない私ですが、フジテレビの『探偵ガリレオ』は4〜5話見たんですぅ〜で、、、面白... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/10/07 12:35
容疑者Xの献身
顔がつぶされ、指を焼かれた絞殺死体が発見された。 容疑者は被害者の別れた妻・花岡靖子。 しかし彼女には完璧なアリバイがあった。 “さっぱりわからない”事件の相談を受けた“ガリレオ”こと物理学者・湯川は、靖子の隣人が大学時代の友人・石神であることを知る。 石神はかつて湯川が唯一“天才”と認めた男であった…。 人気TV探偵ドラマ劇場版。 ...続きを見る
象のロケット
2008/10/07 14:51
容疑者Xの献身
昨今の大相撲騒動で気になるのは、力士たちの喋り方。いやしくも相撲取りなら、「わしは八百長をやったでごわす」とか「八百長は一切やってないでごわす」というふうに、語尾に「ごわす」をつけるべきだろう。こんなところからも伝統の崩壊が迫っているのだ。 ...続きを見る
聖なるブログ 闘いうどんを啜れ
2008/10/07 16:42
容疑者Xの献身
昨日は、イオン下田に映画を観に行ってきました〜。しかも1本だけ。1本だけで帰ってきたのはいつ以来だろう(^_^;)。 ...続きを見る
欧風
2008/10/07 18:59
[映画] ガリレオ 容疑者Xの献身 感想
映画 「容疑者Xの献身」 ...続きを見る
THE有頂天ブログ
2008/10/07 19:30
「容疑者Xの献身」堤真一と松雪泰子が魅せる
監督西谷弘 テレビドラマ「ガリレオ」と合わせて企画された劇場版。 先に原作を読んで、アリバイのトリックはわかってしまったので、ドラマとしてのおもしろさを期待。少しあらすじ 花岡靖子(松雪泰子)はしつこくつきまとう元夫を絞殺してしまう。靖子に恋心を抱く数... ...続きを見る
ももたろうサブライ
2008/10/07 19:47
容疑者Xの献身
《容疑者Xの献身》 2008年 日本映画 テレビドラマ《ガリレオ》の映画化、物理 ...続きを見る
Diarydiary!
2008/10/07 20:01
容疑者Xの献身(2008年)
フジテレビで放映され、大ヒットした『ガリレオ』の映画化。って言うより、東野圭吾の探偵ガリレオシリーズの中の長編『容疑者Xの献身』の映画化と言った方が正しいんでしょうかね?  ...続きを見る
勝手に映画評
2008/10/07 20:12
人の心は計算できない。『容疑者Xの献身』
第134回直木賞を受賞した東野圭吾の小説を映画化した作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2008/10/07 20:20
『容疑者xの献身』(2008)
直木賞受賞のベストセラー小説の映画化、というよりも、素直に<探偵ガリレオ>シリーズ第3弾にして初の長編作品の映画版である。 東野圭吾という作家には以前から少なからず興味を持っていたが、なかなか切っ掛けが掴めずにそのまんまになっていたのだけれども、今回の映画化が気になって、先ずは第一短編集の『探偵ガリレオ』を手にとり、そのまま第二短編集『予知夢』に取り掛かり、とうとう勢いでこの原作版『容疑者xの献身』まで読破してしまった。 そして映画を観る前に、とTVシリーズ『ガリレオ』(二冊の短編集を元にし... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2008/10/07 22:41
映画 「容疑者Xの献身」
ドラマ「ガリレオ」というよりも映画「容疑者Xの献身」でした。 ...続きを見る
どうしても書きたくて・・・。
2008/10/07 23:23
容疑者Xの献身
10月4日公開初日「容疑者Xの献身」を見てきました。 一番大きいスクリーンでした ...続きを見る
せるふぉん☆こだわりの日記
2008/10/08 00:35
映画「容疑者Xの献身」…テレビシリーズと違う魅力に酔う。
テレビ版の「ガリレオ スペシャル〜エピソードゼロ」が期待はずれだったので、「容疑 ...続きを見る
子育ちP's 航生L(気分は冥王星)Q2...
2008/10/08 12:03
ガリレオが挑む、 “愛” の証明●容疑者 X の献身
その謎を、愛そう。 ――― (公式キャッチコピー) ...続きを見る
Prism Viewpoints
2008/10/08 18:24
容疑者Xの献身
TV局製作映画の中では実に面白い ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2008/10/08 21:40
「容疑者Xの献身」この男の純情に泣け!
「容疑者Xの献身」★★★★オススメ 堤真一、福山雅治、柴咲コウ主演 西谷弘監督、2008年、128分 ...続きを見る
soramove
2008/10/08 23:21
容疑者Xの献身
昨日は、イオン下田に映画を観に行ってきました〜。しかも1本だけ。1本だけで帰ってきたのはいつ以来だろう(^_^;)。 ...続きを見る
欧風
2008/10/09 07:16
『容疑者Xの献身』
&nbsp;□作品オフィシャルサイト 「容疑者Xの献身」□監督 西谷 弘□脚本 福田 靖 □原作 東野圭吾(「容疑者Xの献身」文藝春秋刊) □キャスト 福山雅治、堤 真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ、北村一輝、渡辺いっけい、真矢みき、ダンカン、長塚圭史、益岡徹、林 泰文 ■鑑賞日 10月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  実に興味深い・・・。&nbsp; 映画版『容疑者Xの献身』の公開初日の4日(土)福山演じる天才物理学者・湯川学の大学時... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2008/10/09 12:31
容疑者Xの献身
惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人 ...続きを見る
掃き溜め日記-てれびな日々-
2008/10/09 17:55
容疑者Xの献身
ありえない、わからない、おもしろい・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2008/10/09 21:30
舞台挨拶へは行けなかったので、「ガリレオφ」を見てからのんびり観に行った『容疑者Xの献身』
10/4に公開された『容疑者Xの献身』だが、舞台挨拶へは行けなかったので、同じ日に放送された『ガリレオφ』を見てから、ゆっくり観に行った(爆)映画『容疑者Xの献身』公開記念10/4はガリレオの日!『ガリレオφ エピソードゼロ』サークルKサンクスで発売中のタイアップ.... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2008/10/09 21:44
容疑者Xの献身
その謎を、愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは? 製作年度 2008年 映時間 128分 脚本 福田靖 監督 西谷弘 原作 東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊) 音楽 菅野祐悟/福山雅治 出演 福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一/ダンカン/長塚圭史/益岡徹/林泰文/渡辺いっけい ...続きを見る
to Heart
2008/10/10 01:22
★「容疑者Xの献身」
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。 本日の2本目は、フジテレビの人気ドラマシリーズ「ガリレオ」の映画化。 映画主演は確か初めての福山雅治と、ひらりん的にやっとツンデレ演技に慣れた柴崎コウの主演。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2008/10/10 04:03
【映画評】容疑者Xの献身
愛に彩られた天才vs天才の推理劇が醍醐味の直木賞受賞作の映画化。 ...続きを見る
未完の映画評
2008/10/10 04:33
「容疑者Xの献身」
その謎を、愛そう。 ...続きを見る
KASHIWA一市民
2008/10/10 17:03
「容疑者Xの献身」  感情にうごかされた二人の天才・・・・。 
『科学で証明できないものは、理解できないくせに・・・。』 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2008/10/11 11:37
映画「容疑者Xの献身」
話題の映画「容疑者Xの献身」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2008/10/12 01:48
容疑者Xの献身 を観たゾ
自他?共に福山雅治に似ている(と思う、思われている?) オイラがフレミングの左手の法則を形 ...続きを見る
ヤジャの奇妙な独り言
2008/10/13 10:35
【劇場鑑賞】容疑者Xの献身
                  ...続きを見る
わたしが読んだ本、わたしが観た映画
2008/10/13 18:33
天才数学者 vs 天才物理学者【容疑者Xの献身】
テレビドラマも高視聴率を納めた『ガリレオ』の映画版。 原作は本作で直木賞受賞した ...続きを見る
犬も歩けばBohにあたる!
2008/10/13 19:06
映画『容疑者Xの献身』
 直木賞を受賞したミステリー小説の映画化であり、かつフジテレビのいわゆる「月9」枠連続ドラマ『ガリレオ』の映画版でもある、そんな作&... ...続きを見る
闘争と逃走の道程
2008/10/13 21:57
「容疑者Xの献身」を愛そう
★ガリガリなオレ?・・・ううん、ガリレオ。 ...続きを見る
変化という流れの中で。CLOVER!!!...
2008/10/14 17:01
映画「容疑者Xの献身」ガリレオは登場するが...
 やはり見に行ってしまいました。TVの福山雅治演じる「ガリレオ」のファンになって観に行きたいという娘に息子も観たいと言い出して、結局家内も入れて体育の日に家族全員で映画館へ。 ...続きを見る
快投乱打な雑記帳
2008/10/14 17:36
『容疑者Xの献身』@日劇
天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るって ...続きを見る
映画な日々。読書な日々。
2008/10/15 23:10
「容疑者Xの献身」TVとは、別物!
 原作読んでません。TVドラマも、チョこっとかじったくらいです。東野圭吾原作「ガリレオ」シリーズの映画化。「容疑者Xの献身」(東宝)。事前に観た人から『泣けるで〜』と聞かされ、吾輩『???』このシリーズって確か、福山雅治の軽妙洒落な“なりきり演技”がウリの、少し軽めのお話じゃございませんでしたか? ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2008/10/16 10:21
【映画】容疑者Xの献身
■動機 原作の補填と福山視点でのシナリオ再構成 ■感想 随分と原作を丁寧に扱った ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2008/10/16 22:31
容疑者Xの献身 (福山雅治さん&堤真一さん)
◆福山雅治さん(のつもり)◆堤真一さん(のつもり)テレビドラマ『ガリレオ』の劇場版『容疑者Xの献身』に、福山雅治さんは湯川学 役で、堤真一さんは石神哲哉 役で出演しています。先日、仕事の合間をぬって、ようやく映画館に観に行くことができました。●導入部のあらすじと感想 ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2008/10/26 01:16
【映画】容疑者Xの献身
 東野圭吾強調週間ということで、今頃になって見てきた。近所のワーナー・マイカルでも、今日からは九つあるうちの一番小さなハコに追いやられてしまったが、それでもまだ根強い人気があるようで、連休ということもあってかレイトショーながらそこそこの入りであった。 ...続きを見る
higeruの大活字読書録
2008/11/27 01:09
容疑者Xの献身
「面白い」(福山の声色で) ...続きを見る
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
2009/03/22 09:01
『容疑者Xの献身』’08・日
あらすじ惨殺死体が発見され、内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2009/09/17 07:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 原作5回はすごすぎる!(^^;
 確かに映画だけ見た人には分かりづらかったかも。少なくとも「読むだけ」と「見るだけ」なら、前者の方が驚きが大きいのでは、と思います。
higeru
2008/11/27 01:15
higeruさんTB&コメントありがとうございます。
映画みたあとも2回読んじゃいまして、今は7回になってしまいましたが、結構昔の作品は再読回数が多いのですが、新しい話でここまで読んでるのはないかもしれませんね。
 それに、読むほうが驚きが大きいというのはその通りのような気がしますね。
カイ
2008/11/28 23:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
容疑者Xの献身 劇場版 心の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる