予告探偵 西郷家の謎/太田忠司

予告探偵―西郷家の謎
あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより)
大戦の傷跡をまだ深く残しつつも、人々が希望を胸に復興をとげてゆく時代―一九五〇年の十二月。それは三百年以上続く由緒ある旧家、西郷家に届いた一通の手紙から始まった。便箋に書かれた“すべての事件の謎は我が解く”の一文。その意味する「謎」とは?壮麗な旧家の屋敷を舞台に繰り広げられるおぞましき人間関係、次々と起こる奇怪な事件。はたして犯人の正体は?そして、その目的は一体何なのか…!?

(ネタバレ?感想)
 太田忠司さんは、僕の殺人からシリーズ霞田志郎まで結構読んでいるのだが、今回のはどうなんでしょうか?そうくるかぁ~という言葉、は目を点にしている自分には出てこないかも・・・。

 人物像としての摩神尊のつくりは結構楽しめたと思う。
 唯我独尊というふうを装いながの毒舌録の中には、正論ゆえに直視しないものを混ぜて、ちょっと感心する部分もあったりする。正直、摩神自体は嫌いじゃない。どちらかというと好きな部類に位置するだろう。

 しかし、どうなんだろうか、歌野晶午さんの「葉桜の・・・」がなんで‘このミス1位’を取ったか解らない自分には、似たようなオチを持つこの作品は???

 それでも、シリーズで出たらキャラクターに惹かれて小説として読んでしまいそう。
 久しぶりに「僕の・・」シリーズ再読しよっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック