レイクサイド/東野圭吾

レイクサイド
(あらすじAmazonブックレビューより)
 妻は言った。「あたしが殺したのよ」―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。親たちは子供を守るため自らの手で犯行を隠蔽しようとする。が、事件の周囲には不自然な影が。真相はどこに?そして事件は思わぬ方向に動き出す。傑作ミステリー。

(ネタバレ?感想) 
 買うまいと思いながらつい買ってしまった文庫本。がために再読しました。

 あいかわらずたんたんとした文章ですが、登場人物の内面をいっさい書かないという中でも違和感がありません。
 言われなければ気づかない人もいるぐらいでしょう。
 巷ではやはり「白夜行」「秘密」等に比べて小粒との評価が多かった気がしますが、私は充分に楽しめました。ま、ファンですからあたりまえなんですが。

 子がない自分としては、そんな心情になるのか?と思うところもあります。
 たんに並木俊介の家族には幸せになってもらいたいとも思わされますが・・・。

 殺人を隠蔽して、その後の人生のすべてをかけて幸福の二文字を手に入れられるものなのか?
 心の中での葛藤を一生背負い込んで歩き続けられるものなのか?
・・・・湖の底に魂までをも捧げて
  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • �쥤��������

    Excerpt: �������Υߥ��ƥ꡼���ʤǤ��� �ܤ�΢ɽ��Τ��餹�����餷�����〓��ʤΤ��ɤ�Ǥߤޤ����� �����κ��ʤϡ�û�Խ����ɤ�$��Ȥ����뤱�ɡ� Ĺ.. Weblog: KASHIWA���̱ racked: 2006-04-24 12:30