ウルチモ・トルッコ犯人はあなただ!/深水黎一郎

ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ !
<出版社 / 著者からの内容紹介>
第36回メフィスト賞受賞作

「あなたが犯人!」。
あり得ないと思えた企みの完遂に向かい、すべての進行が周到に準備される。この被害者を殺した犯人は、ぼくだった。これから読まれる人すべてが、この驚きを味わうはず。誰もが気づかなかった方法。このジャンルの、文句なくナンバーワン。――(島田荘司)

新聞に連載小説を発表している私のもとに1通の手紙が届く。その手紙には、ミステリー界最後の不可能トリックを用いた<意外な犯人>モノの小説案を高値で買ってくれと書かれていた。差出人が「命と引き換えにしても惜しくない」と切実に訴える、究極のトリックとは?読後に驚愕必至のメフィスト賞受賞作!

(ネタバレ・感想)
 第36回メフィスト賞受賞作である。
 大体はメフィスト賞ってほとんど読まないのですが、島田荘司さんの‘このジャンル文句なくナンバーワン’の言葉に惹かれて読んでみたのですが・・・?
 
 なんとも挑戦的な謳い文句、「犯人は読者」
 いったいどうなるのかと読み進めるものの、延々と関係なさそうな説明話が続くのです。(実際は最後に繋げる伏線なんでしょうが?)あまりにも長すぎてあきてしまいます。
 もう少しまとめても良かったのでは・・・?

 主軸の話は実際どのくらいあったのでしょうね、半分ぐらいしかなかった気もするのですが、どういうんでしょうか・・・少々ドラマがほしかったかなぁ・・・。

 正直なところ一体なんの本を読んでいるのかだんだん解らなくなってくるわで、あの挑戦的な謳い文句がなければ放り出しかねない状況でしたね。

 おもしろくないかと言われるとそうでもない。
 だが・・・自分にとっては受け入れがたいですね。これがOKなら非科学的根拠に基づいてなんでも有りになりはしませんか?
 
 これはトリックと呼んで良いのでしょうかねぇ。
 う~んアンフェアな感はぬぐえないなぁ。
 ただ、犯人は読者であるとの前振りがあるので、真相には辿り着き易いかも。
 それに真相が解るまでは東野さんの「悪意」を思わせる雰囲気は味わえました。
 次回作に期待したいところですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック