そして扉が閉ざされた/岡嶋二人

そして扉が閉ざされた
内容(「BOOK」データベースより)
富豪の若き一人娘が不審な事故で死亡して三カ月、彼女の遊び仲間だった男女四人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた。なぜ?そもそもあの事故の真相は何だったのか?四人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は?極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。

(ネタバレ・感想)
 確かに読んでいるような気がするのだが、読んでいた記憶は皆無である。
 似た話を勘違いしているのか・・・内容の途中あたりまでを知っている。
 はて?なぜなのか

 本格推理小説と言うべきなのかなぁ。
 核シェルターに閉じ込められた4人。
 そして閉鎖的な空間で「あの子を殺したのは誰?」の問いかけに何のことか解らない。
 死に物狂いでシェルターからの脱出を試みるものの、決定的に脱出不能を理解したとき、4人による誰かを守る嘘の推理合戦が始まっていく。
 青春ミステリー的な恋愛模様が加味されて謎はあらぬ方向へと答えを導くのだった。

 誰か一人でも誰かの為に事を起こさなければ、一目瞭然で犯人が解っていたはずなのに・・・。

 岡嶋二人さんはずっと読もうと思いながら今だにこれが最初なのである。
 確かに楽しくハラハラドキドキで読める内容だったし、あっと驚かされた部分はあるのだが、如何せん読む時期が遅すぎたようですね。
 発売当初の時期に読んでいればおそらくすげぇと思ったんだろうと思います。
 
 でも、他の作品もやはり読んで見ておかないとだめでしょうね。
 次は何にしようかなぁ・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【本】そして扉が閉ざされた

    Excerpt:        『そして扉が閉ざされた』     岡嶋二人     講談社文庫【comment】先日読んだ『99%の誘拐』が面白かったので、続けて岡嶋さんの作品を読みましたで、、、コチラも超~面白かった.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2008-12-16 23:32