HERO 映画版

画像
出演:木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、小日向文世、八嶋智人、
    松本幸四郎、香川照之、タモリ
(ストーリー)
 東京地検・城西支部の検事、久利生公平は、同僚の芝山が起訴した事件の裁判を任される。
 容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。
 担当弁護士は、刑事事件無罪獲得日本一の弁護士、蒲生一臣。
 豪腕弁護士として名を轟かしている蒲生は、様々な戦術で久利生を追い込んだ。
 東京地検特捜部の黛検事が、有益な情報をもたらすが、あくまで自分の力で事件を解決しようとする久利生は、事務官の雨宮と奔走する。

(感想)
画像

 う~ん。昨日見てきました。
 まぁ変にあーだこーだ言ってもしょうがないですね。
 面白かったですよ。

 連ドラは、放送時一度も見なかったんですが、終わってからDVDで全部見て結構面白いとは思っていましたが・・・。
 本当は別に見にいく気もなかったんですが、スペシャルを昨日21:00からやる、とテレビ欄を見てたらなんとなく映画館に向かってしまいました。

 いつから公開してたんでしょうかね?人がもっと多いのかと思ってたんですが、以外と少なかったですね。

 キムタクは、男から見てもカッコイイですね。演技なのか?実演なのか?とキムタクは完全に久利生検事と一心同体という感じでした。
 法廷での最後あたりで、被害者里山裕一郎の事件後の経過を語るシーンでは不覚にも一筋の涙がこぼれてしまいました。

 それとは別に、大々的に行われたであろう韓国ロケ。
 イ・ビョンホンは友情出演ですか?イ・ビョンホンである必要があったのでしょうか?いやいや韓国まで行く必要があったのかな?とちょっと見終わってからふと考えてしまったのですが、まぁ面白かったからいいか、深くは詮索すまい。

 それから、なぜか中井貴一さんの演技に見惚れてしまいましたなぁ。素晴らしい演技でございましたねぇ。
  しかし、なんとも松本幸四郎さん、香川照之さん、タモリさんと惜しげもなく有名どころ曲者俳優を配置してほんと豪華絢爛でしたねぇ。

 いや~それにしても、最初から最後までオープニングのスペイン語講座を引っ張りまくってるから、なんだろうかとは思っていたんですけどねぇ、あのラストへつなげるあたりほんとににくい演出ですねぇ。
 
 突っ込みどころを上げれば意外と多い気もしながら、それを丸々許せてしまうぐらいに楽しませていただきました。
 
 ‘これは里山さんという人の命の重さを知るためのドラマでした’

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • キムタクとイ・ビョンホン

    Excerpt: 日本一セクシーなアイドルと今でも人気の木村拓哉ですが 最近は「HERO」が映画になって、また話題になってますね。 Weblog: racked: 2007-09-27 21:56