白夜行/東野圭吾

白夜行 出版社/著者からの内容紹介 19年前の大阪の質屋殺し。迷宮入りしたこの事件に関係した少年と少女が歩んだ道は…。絶望の白い光の中、魂の荒野を行く男と女を、叙事詩的スケールで描く傑作ミステリー長篇。 (ネタバレ・感想)再読5回目  初めて本書を読んだ時、ページをめくる手がとまらない、でも、とめたいという矛盾に直面し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11文字の殺人/東野圭吾

11文字の殺人 内容(「BOOK」データベースより) 「気が小さいのさ」あたしが覚えている彼の最後の言葉だ。あたしの恋人が殺された。彼は最近「狙われている」と怯えていた。そして、彼の遺品の中から、大切な資料が盗まれた。女流推理作家のあたしは、編集者の冬子とともに真相を追う。しかし彼を接点に、次々と人が殺されて…。サスペンス溢れる本格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪花少年探偵団/東野圭吾

浪花少年探偵団 出版社/著者からの内容紹介 竹内しのぶ、25歳、独身、短大卒。大阪大路小学校6年5組担任の教師。ちょっと見は丸顔の美人だが、口も早いし手も早い。そのしのぶセンセのクラスの福島の父親が殺された。事件解決のためにしのぶセンセと教え子探偵団が大活躍。エリートの本間と刑事の新藤もしのぶをめぐって恋のさや当て大捜査戦。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私が彼を殺した/東野圭吾

私が彼を殺した 内容(「BOOK」データベースより) 婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

どちらかが彼女を殺した/東野圭吾

どちらかが彼女を殺した 内容(「BOOK」データベースより) 最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博士の愛した数式/小川洋子

博士の愛した数式 出版社/著者からの内容紹介 記憶が80分しか持続しない天才数学者は、通いの家政婦の「私」と阪神タイガースファンの10歳の息子に、世界が驚きと喜びに満ちていることをたった1つの数式で示した…。頻出する高度な数学的事実の引用が、情緒あふれる物語のトーンを静かに引き締め整える。著者最高傑作の呼び声高い1冊。 (感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十字屋敷のピエロ/東野圭吾

十字屋敷のピエロ 内容(「BOOK」データベースより) ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超・殺人事件-推理作家の苦悩/東野圭吾

超・殺人事件―推理作家の苦悩 内容(「BOOK」データベースより) 新刊小説の書評に悩む書評家のもとに届けられた、奇妙な機械「ショヒョックス」。どんな小説に対してもたちどころに書評を作成するこの機械が、推理小説界を一変させる―。発表時、現実の出版界を震撼させた「超読書機械殺人事件」をはじめ、推理小説誕生の舞台裏をブラックに描いた危な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬山荘殺人事件/東野圭吾

白馬山荘殺人事件 内容(「BOOK」データベースより) 1年前の冬、「マリア様はいつ帰るのか」という言葉を残して自殺した兄・公一の死に疑問を抱く女子大生ナオコは、新友のマコトと兄の死んだ信州白馬のペンション『まざあ・ぐうす』を訪ねた。マザー・グースの唄に秘められた謎。ペンションに隠された過去とは?暗号と密室トリックの謎に挑む、気鋭の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺人現場は雲の上/東野圭吾

殺人現場は雲の上 内容(「BOOK」データベースより) 新日本航空の花のスチュワーデス、通称・エー子とビー子。同期入社でルームメイトという誰もが知る仲よしコンビ。容姿と性格にはかなり差がある凸凹コンビではあるけれど…。この二人が奇妙な事件に遭遇する。昼間、乗務中にお世話した男の妻が、自動ロックのホテルの室内で殺害されたのだ。雲をつか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名探偵の呪縛/東野圭吾

名探偵の呪縛 内容(「BOOK」データベースより) 図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一になっていた。次々起こる怪事件。だが何かがおかしい。じつはそこは、「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の正体は?そして街にかけられた呪いとは何なのか。『名探偵の掟』の主人公が長編で再登場。 …
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

名探偵の掟/東野圭吾

名探偵の掟 内容(「BOOK」データベースより) 完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、恐るべき「ミステリ界の謎」とは?本格推理の様々な“お約束”を破った、業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

悪意/東野圭吾

悪意 (内容) 犯人が決して語らぬ動機加賀刑事の推理は!? 誰が?なぜ殺したのか!?超一流の「フー&ホワイダニット」 人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

予知夢/東野圭吾

予知夢 (内容)   本書は「探偵ガリレオ」シリーズ2作目。帝都大学理工学部物理学科助教授、探偵ガリレオこと湯川学が、摩訶不思議な事件を論理的に解決していく、本格推理短編集である。 素封家の屋敷に侵入者があった。犯人は27歳の青年。2階で眠っていた娘を襲おうとしたらしい。逮捕された犯人は、17年前、その少女と結婚する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵ガリレオ/東野圭吾

探偵ガリレオ 内容(「BOOK」データベースより) 突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

おれは非情勤/東野圭吾

おれは非情勤 内容(「BOOK」データベースより) ミステリ作家をめざす「おれ」は、小学校の非常勤講師。下町の学校に赴任して2日目、体育館で女性教諭の死体が発見された。傍らには謎のダイイングメッセージが!一方、受け持ちのクラスにはいじめの気配がある…。盗難、自殺、脅迫、はては毒殺未遂(!?)まで、行く先々の学校で起こる怪事件。見事な…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ある閉ざされた雪の山荘で/東野圭吾

ある閉ざされた雪の山荘で 内容(「BOOK」データベースより) 早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した若き男女七名。これから舞台稽古が始まるのだ。豪雪に襲われ孤立した山荘での殺人劇である。だが一人また一人、現実に仲間が消えていくにつれ、彼らの中に疑惑が生じる。果してこれは本当に芝居なのか、と。一度限りの大…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夢はトリノをかけめぐる/東野圭吾

夢はトリノをかけめぐる 内容(「MARC」データベースより) 2006年2月18日。直木賞受賞パーティで朝まで騒いだ受賞作家は、一睡もできずに車に乗せられ、成田空港へ。横には、なぜか人間に化けた愛猫が。驚きと感動と疲労(?)にみちた、トリノ・オリンピック観戦旅行が始まる! (感想)  もう新作が出ないから再読しっぱなしでし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さいえんす?/東野圭吾

さいえんす? 内容(「BOOK」データベースより) 「こいつ、俺に気があるんじゃないか」―女性が隣に座っただけで、男はなぜこんな誤解をしてしまうのか?男女の恋愛問題から、ダイエットブームへの提言、野球人気を復活させるための画期的な改革案、さらには図書館利用者へのお願いまで。俗物作家ヒガシノが独自の視点で綴る、最新エッセイ集。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ちゃれんじ?/東野圭吾

ちゃれんじ? 内容(「BOOK」データベースより) 「えっ、何するて?何ボー?鉄棒?」(母)四十代半ばで、若者のスポーツ“スノーボード”に魅せられた人気ミステリー作家の奮闘、転倒、歓喜の日常を綴ったエッセイ集!書き下ろし…短編ミステリーのオマケ付き。 (感想)再読 おっさんボーダー誕生秘話  ジェームス・ボンドの映…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あの頃ぼくらはアホでした/東野圭吾

あの頃ぼくらはアホでした 内容(「BOOK」データベースより) 命がけの学生時代!抱腹絶倒の青春記。小学校から大学まで、疾風怒濤の学生時代をパワフル&赤裸々に語る爆笑エッセイ。 (ネタバレ・感想)再読2回目 球技大会は命がけ  東野さんクラス委員だったんですね。この球技大会の気持ちよく解ります。自分も工業高校でしたんで、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

さまよう刃/東野圭吾

さまよう刃 内容(「MARC」データベースより) 不良少年たちに蹂躙され死体となった娘の復讐のために、父は仲間の一人を殺害し逃亡する。世間の考えは賛否が大きく分かれ、警察内部でも父親に対する同情論が密かに持ち上げる。はたして犯人を裁く権利は遺族にあるのか? (ネタバレ・感想)再読3回目  他人事ではない。明日にでも、…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

手紙/東野圭吾

手紙 (あらすじ) 武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。判決は、懲役15年。それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺人の門/東野圭吾

殺人の門 (内容) あいつを殺したい。でも、殺せないのはなぜだ。 どうしても殺したい男がいる。その男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。あいつを殺したい。でも、私には殺すことができない。殺人者になるために、私にはいったい何が欠けているのだろうか……。 (ネタバレ・感想)再読2回目  初めて読んだ時のダメ男ぶりを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虹を操る少年/東野圭吾

虹を操る少年 内容(「BOOK」データベースより) 「光にメロディがあるの?」「あるさ。みんな、そのことに気づいていないだけさ」。“光”を“演奏”することでメッセージを発信する天才高校生・光瑠。彼の「光楽」に、感応し集う若者たち。しかし、その力の大きさを知った大人たちの魔の手が忍び寄る。新次元コミュニケーションをめぐる傑作長編ミステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならみどりちゃん

さよならみどりちゃん 出演: 星野真里, 西島秀俊, その他 監督: 古厩智之 平凡なOLのユウコ(星野真里)はカフェの軽薄な店員ユタカ(西島秀俊)に抱かれるが、彼にはみどりという彼女がいるという。ユタカに嫌われまいと、何も言わずに彼と付き合い続けるユウコ。無理やりカラオケスナックのホステスにされたり、まだ10代のグラマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘘をもうひとつだけ/東野圭吾

嘘をもうひとつだけ 内容(「BOOK」データベースより) バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに1人の刑事がやってきた。彼女に殺人動機はなく、疑わしい点はなにもないはずだ。ところが…。嘘にしばられ嘘にからめとられてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

黒笑小説/東野圭吾

黒笑小説 内容(「BOOK」データベースより) 偉そうな顔をしていても、作家だって俗物根性丸出し!俗物作家東野がヤケクソで描く、文壇事情など13の黒い笑い。 (感想)再読2回目 もうひとつの助走  文学賞の選考を待つ寒川心五郎。担当編集者達は他の作家の待つ場所へいくためにあの手この手と対策を練るのだが・・・。  …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

戦国自衛隊 1549

戦国自衛隊1549 通常版 出演: 江口洋介, 鈴木京香, その他 監督: 手塚昌明 <ストーリー> 陸上自衛隊で秘密裏に行われた実験中に、暴走事故が発生。的場一佐(鹿賀丈史)率いる精鋭部隊が、460年前の戦国時代にタイムスリップしてしまった。かつての仲間だった鹿島勇祐(江口洋介)は、時空の彼方に消えた仲間たちと日本を救…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒笑小説/東野圭吾

毒笑小説 内容(「MARC」データベースより) おぞましい笑いは毒よりも強く、不可思議な笑いは人の心に静かに染み込む。「誘拐天国」「エンジェル」「マニュアル警察」など、身の毛もよだつおかしさ、思わず吹き出すおそろしさ、奇妙な味わいの12篇。 (感想)再読3回目 誘拐天国  金と力を持つ大富豪のじいちゃんたち、孫と遊ぶ時間…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

怪笑小説/東野圭吾

怪笑小説 内容(「MARC」データベースより) 仕事場に通う途中に思いつき、目の前にいる人々の心境を想像した作品「鬱積電車」。怪しい笑いが新たな不気味な笑いを呼ぶ9編からなるユーモアあふれる作品集。怪しい笑いに酔いしれたい方に最適。 (ネタバレ・感想)再読2回目 鬱積電車  電車の乗客たちの心の内が語られる、何食わぬ顔の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

セリヌンティウスの舟/石持浅海

セリヌンティウスの舟 あらすじ(「BOOK」データベースより) 荒れ狂う海で、六人のダイバーはお互いの身体をつかんで、ひとつの輪になった。米村美月、吉川清美、大橋麻子、三好保雄、磯崎義春、そして、僕、児島克之。石垣島へのダイビングツアー。その大時化の海で遭難した六人は、信頼で結ばれた、かけがえのない仲間になった―。そんな僕らを突然、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

扉は閉ざされたまま/石持浅海

扉は閉ざされたまま あらすじ(「BOOK」データベースより) 久しぶりに開かれる大学の同窓会。成城の高級ペンションに七人の旧友が集まった。(あそこなら完璧な密室をつくることができる―)当日、伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室できないよう現場を閉ざした。何かの事故か?部屋の外で安否を気遣う友人たち。自殺説さえ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

放課後/東野圭吾

放課後 あらすじ(「BOOK」データベースより) 校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将―犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が…。乱歩賞受賞の青春推理。 (ネタバレ・感想)再読3回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密

秘密 出演: 広末涼子, 小林薫 監督: 滝田洋二郎 あらすじ 原作は東野圭吾のベストセラー・ファンタジー小説。バスの交通事故により母親(岸本加世子)が死に、娘(広末涼子)は生き残った。しかし、生き残った娘の心は、死んだはずの母親のものだった。それは残された父親(小林薫)と娘の秘密となったが、夫婦なのか親子なのか、奇妙な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亡国のイージス

亡国のイージス 【スタッフ】 原作:福井晴敏(講談社刊)/脚本:長谷川康夫 飯田健三郎/音楽:トレヴァー・ジョーンズ/編集:ウィリアム・アンダーソン/監督:阪本順治 【キャスト】 真田広之 寺尾聰 佐藤浩市 中井貴一 勝地涼 吉田栄作 谷原章介 豊原功補 安藤政信 チェ・ミンソ 岸部一徳 原田美枝子 原田芳雄 内容(「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

犯人のいない殺人の夜/東野圭吾

犯人のいない殺人の夜 あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより) 親友が死んだ。枯れ葉のように校舎の屋上からひらひら落ちて。刑事たちが自殺の可能性を考えていることは俺にもわかった。しかし…。高校を舞台にした好短編「小さな故意の物語」。犯人がいないのに殺人があった。でも犯人はいる…。さまざまな欲望が交錯した一夜の殺人事件を描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FLY・DADDY・FLY

フライ,ダディ,フライ 出演:堤 真一     岡田准一 あらすじ(データベースより)  平凡なサラリーマン。妻と娘を大切にし、築いてきた日常が、ある日、あっけなく崩壊。失意の中で、彼は奇妙な高校生グループと出会い…。大切なものを取り戻すためのひと夏の冒険譚。 (感想)  和製版ロッキーとまではいかないが、それを彷彿とさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺戮にいたる病/我孫子武丸

殺戮にいたる病 あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより) 永遠の愛をつかみたいと男は願った―。東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔!くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥人計画/東野圭吾

鳥人計画 あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより) 「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。警察に逮捕された峰岸は、留置場の中で推理する。「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

g@me

g@me. 《監督》 井坂 聡 《原作》 東野圭吾 《脚本》 尾崎将也 小岩井宏悦 《出演》 藤木直人 仲間由紀恵 宇崎竜童 IZAM 石橋 凌 あらすじ(「Oricon」データベースより) 藤木直人、仲間由紀恵ほか出演のラブサスペンス。ある男に恨みを持つ男女が、男への復讐のため、狂言誘拐を実行する。2人が誘拐犯と人質に…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

あなた

悲しい夜には あなたの名前を 呼んでいる 独りでいること別に 恐くはないけど 未来の世界に 自分が独りでいることを 考えただけで 奇妙な寂しさこみあげてくるの いつかあなたの名前をよんで 笑いあえた世界 楽しく語れたら良いね でもそれまでに どれだけの涙流し そして心を埋めてけばいいの 果て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密/東野圭吾

秘密 あらすじ(「BOOK」データベースより) 妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。運命は愛する人を二度奪っていく…。切なさ溢れる長篇ミステリー。 (ネタバレ?感想)再読3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕の殺人/太田忠司

僕の殺人 あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより) 僕が5歳のとき信州の別荘で起こった忌まわしい事件は、僕自身の記憶と両親を奪い去った。それから10年。僕の「事件の記憶」を取り戻し、「事件の真実」に迫ろうとする男が現われ、そして殺された。僕は目撃者。僕は犠牲者、加害者、探偵。僕はトリック、さらに記録者。でも僕は誰? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲームの名は誘拐/東野圭吾

ゲームの名は誘拐 あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより) 敏腕広告プランナー・佐久間は、クライアントの重役・葛城にプロジェクトを潰された。葛城邸に出向いた彼は、家出してきた葛城の娘と出会う。“ゲームの達人”を自称する葛城に、二人はプライドをかけた勝負を挑む。娘を人質にした狂言誘拐。携帯電話、インターネットを駆使し、身代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予告探偵 西郷家の謎/太田忠司

予告探偵―西郷家の謎 あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより) 大戦の傷跡をまだ深く残しつつも、人々が希望を胸に復興をとげてゆく時代―一九五〇年の十二月。それは三百年以上続く由緒ある旧家、西郷家に届いた一通の手紙から始まった。便箋に書かれた“すべての事件の謎は我が解く”の一文。その意味する「謎」とは?壮麗な旧家の屋敷を舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾崎豊さん 遠き肖像

 昨日が尾崎豊さんの命日なんですね・・・・。生誕40周年。結構歳をとったんだぁ・・・。  亡くなった時、自分は沖縄の空の下でしたね。皮膚を切り裂かれるような痛い太陽が懐かしく思い出されます。  当時はまったくテレビなんか見てなかったから、友人からの電話で亡くなったのを知りました。  暫らく口が開けず友人が「泣いとんのか、おまえ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トキオ/東野圭吾

時生 あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより) 不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮面山荘殺人事件/東野圭吾

仮面山荘殺人事件 あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより) 八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天使の耳(交通警察の夜 改題)/東野圭吾

天使の耳 あらすじ(Amazon「BOOK」データベースより) 「交通警察の夜」より改題 深夜の交差点で衝突事故が発生。信号を無視したのはどちらの車か。死んだドライバーの妹が同乗していたが、少女は目が不自由だった。しかし、彼女は交通警察官も経験したことがないような驚くべき方法で兄の正当性を証明した。日常起こりうる交通事故がもたらす…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more