テーマ:歌野晶午さん

ハッピーエンドにさよならを/歌野晶午

ハッピーエンドにさよならを 出版社 / 著者からの内容紹介 事件の裏には多種多様な殺意が存在する――。一風変わった殺人の動機に焦点を当てる著者初の短編作品集。 (ネタバレ・感想) おねえちゃん  う~ん、予想通りの展開ですか・・・。歌野さんなら、もう一ひねり来るかなと身構えてたのに・・・。 サクラチル  まぁ、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生存者、一名/歌野晶午

生存者、一名 (祥伝社文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 鹿児島の遙か沖の孤島、屍島に六人の男女が降り立った。彼らは都内で爆弾テロを行なった四人の実行犯と二人の幹部だった。翌日、幹部の一人が船とともに姿を消し、残りの五人は文字通り絶海の孤島に閉じ込められた!組織に対する疑心と、食料をめぐる仲間同士の暗鬼。やがて、一人また一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

密室殺人ゲーム王手飛車取り/歌野晶午

密室殺人ゲーム王手飛車取り [内容] “頭狂人”“044APD”“aXe”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なニックネームをもつ5人がインターネット上で殺人推理ゲームの出題をしあっている。密室、アリバイ崩し、ダイイングメッセージ、犯人当てなどなど。ただし、ここで語られる殺人はすべて、現実に発生していた。出題者の手で実行ずみなのである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more