テーマ:東野圭吾さん

パラドックス13/東野圭吾

パラドックス13毎日新聞社 東野 圭吾 ユーザレビュー:東野版「漂流教室」? ...パニックの裏にある哲 ...彼らはどう行動し、ど ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 内容(「BOOK」データベースより) 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

聖女の救済/東野圭吾

。 聖女の救済文藝春秋 東野 圭吾 ユーザレビュー:実に面白い!読みはじ ...完全犯罪 本当に面白 ...一気読みよみでした! ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ■内容紹介■  ガリレオが迎えた新たなる敵は・・・・・女。  男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイが…
トラックバック:10
コメント:2

続きを読むread more

ガリレオの苦悩/東野圭吾

■内容紹介■ 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう (ネタバレ・感想) 落下る(おちる)アイデアがあるなら試せばいい。価値のない実験なんかない。  マンションの一室から女性が転落死した。内海刑事は、転落死を目撃した岡崎が犯人では…
トラックバック:7
コメント:6

続きを読むread more

流星の絆/東野圭吾

流星の絆 (作品内容) 「BOOK」データベースより 惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。 全ての東野作品を凌ぐ現代エンタメ最高峰! 殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、静奈の兄妹…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ダイイング・アイ/東野圭吾

ダイイング・アイ  東野圭吾、幻の傑作がついに解禁! 刺すように苦く、ただれるように甘い、夜の街のサスペンス!!  雨村慎介は病院のベッドで目を覚ました。頭を殴られて、倒れていたというのだ。慎介は、事件の前後の記憶が一部欠落していた。自分は誰に、なぜ殴られたのか?失われた記憶と、まわりの人間の不可解な行動に、慎介は不信感を募らせてい…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

「容疑者Xの献身」映画化・・・はぁ。

東野氏の最高傑作ともいわれる名作が、ついに映画化される。  「容疑者-」は、平成15年に単行本化された東野氏のベストセラー「探偵ガリレオ」シリーズ初の長編推理小説。無償の愛のために計画した完全犯罪をめぐって天才数学者と天才物理学者との緊張感ある駆け引きを描いた内容で、同年のミステリー小説人気ランキングで3冠を獲得、第134回直木賞…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

夜明けの街で/東野圭吾

夜明けの街で (内容紹介) 15年前の殺人事件。 まもなく時効を迎える。 僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。 渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

たぶん最後の御挨拶/東野圭吾

たぶん最後の御挨拶 この1冊で東野圭吾のすべてがわかる! 『放課後』で乱歩賞を受賞、順風満帆な作家生活が始まるはずだった--。『秘密』でブレイクするまで10年、直木賞受賞まで20年の日々 『容疑者χの献身』で各ミステリーベストテン&直木賞の5冠達成、映画化された『手紙』は文庫史上最速で130万部突破と、超人気作家の1人である東…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

使命と魂のリミット/東野圭吾

使命と魂のリミット 内容(「MARC」データベースより) 心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う。あの日、手術室で何があったのか? 今日、何が起きるのか? 心の限界に挑む医学サスペンス。 (ネタバレ・感想)  “人間というのは、その人にしか…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

サンタのおばさん/東野圭吾

サンタのおばさん (ストーリー) 今年もクリスマスイブが近づいて、恒例のサンタクロース会議が開かれたが、今年は会長勇退の年であり、副会長が新会長に選任され、会長が担当していたアメリカ支部の後任が紹介された。新たに加わることになったサンタは女性。女性サンタを認めるかどうかで、会議は大騒ぎになる (ネタバレ・感想)再読  東野…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

赤い指/東野圭吾

赤い指 出版社 / 著者からの内容紹介 直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさまざまな親子像。東野圭吾にしか書き得ない、「家族」の物語。 『放課後』でのデビュ…
トラックバック:15
コメント:2

続きを読むread more

パラレルワールド・ラブストーリー/東野圭吾

パラレルワールド・ラブストーリー 内容(「BOOK」データベースより) 親友の恋人を手に入れるために、俺はいったい何をしたのだろうか。「本当の過去」を取り戻すため、「記憶」と「真実」のはざまを辿る敦賀崇史。錯綜する世界の向こうに潜む闇、一つの疑問が、さらなる謎を生む。精緻な伏線、意表をつく展開、ついに解き明かされる驚愕の真実とは!?…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

分身/東野圭吾

分身 内容(「BOOK」データベースより) 私にそっくりな人がもう一人いる。あたしにそっくりな人が、もうひとり。札幌で育った女子大生・氏家鞠子。東京で育った女子大生・小林双葉。宿命の二人を祝福するのは、誰か。 (ネタバレ・感想)再読2回目  「変身」がだめなら「分身」だ!と書かれた本書であるが、「変身」も泣きが入るが「分…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

回廊亭の殺人/東野圭吾

回廊亭の殺人 内容(「BOOK」データベースより) 一代で財を成した一ケ原高顕が死んだ。妻子を持たない高顕の莫大な遺産の相続にあたって、生前彼が残した遺言書が一族の前で公開されることになった。一族は高顕がオーナーだった、“回廊亭”と呼ばれる旅館に集められた。さらに、一族の他に、本間菊代という老婆が関係者という形で、回廊亭に招待されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

依頼人の娘「探偵倶楽部」へ改題/東野圭吾

探偵倶楽部 内容(「BOOK」データベースより) 「お母さん、殺されたのよ」―学校から帰ってきた美幸は、家で母が殺害されたことを知らされる。警察は第一発見者である父を疑うが、彼には確かなアリバイがあった。しかしその言動に不審を抱いた美幸は、VIP専用の調査機関“探偵倶楽部”に調査を依頼する。探偵の捜査の結果、明らかになった意外な真相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同級生/東野圭吾

同級生 内容(「BOOK」データベースより) 同級生の宮前由紀子は俺の子を身ごもったまま、そして俺の愛が本物だったと信じたまま事故死した。俺にできる償いは本気の関係だったと皆に告白することと事故の真相を暴くことだけだった。やがてある女教師が関わっていたことを突き止めるが、彼女の絞殺体が発見されるや、一転俺は容疑者にされてしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生街の殺人/東野圭吾

学生街の殺人 内容(「BOOK」データベースより) 学生街のビリヤード場で働く津村光平の知人で、脱サラした松木が何者かに殺された。「俺はこの街が嫌いなんだ」と数日前に不思議なメッセージを光平に残して…。第2の殺人は密室状態で起こり、恐るべき事件は思いがけない方向に展開してゆく。奇怪な連続殺人と密室トリックの陰に潜む人間心理の真実。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

魔球/東野圭吾

魔球 内容(「BOOK」データベースより) 9回裏二死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる“魔球”を投げた。すべてはこの一球に込められていた…。捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むかし僕が死んだ家/東野圭吾

むかし僕が死んだ家 内容(「BOOK」データベースより) 「あたしには幼い頃の思い出が全然ないの」。7年前に別れた恋人・沙也加の記憶を取り戻すため、私は彼女と「幻の家」を訪れた。それは、めったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。そこで二人を待ちうける恐るべき真実とは…。超絶人気作家が放つ最新文庫長編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片想い/東野圭吾

片想い 内容(「BOOK」データベースより) 十年ぶりに再会した美月は、男の姿をしていた。彼女から、殺人を告白された哲朗は、美月の親友である妻とともに、彼女をかくまうが…。十年という歳月は、かつての仲間たちを、そして自分を、変えてしまったのだろうか。過ぎ去った青春の日々を裏切るまいとする仲間たちを描いた、傑作長篇ミステリー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻夜/東野圭吾

幻夜 内容(「BOOK」データベースより) あの女のすべてを知りたい。過去も目的も、真実の顔も―。名作「白夜行」から4年半。あの衝撃が、今ここに蘇る。長編エンタテインメント。 (ネタバレ・感想)再読5回目  正直なところ自分はこの「幻夜」が好きになれない。  これが小説として面白くないというのではない。ひとつの小説とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪花少年探偵団2「しのぶセンセにサヨナラ」に改題/東野圭吾

しのぶセンセにサヨナラ―浪花少年探偵団・独立編 内容(「BOOK」データベースより) 竹内しのぶ、25歳、独身。大阪大路小学校の教諭だが兵庫の大学へ内地留学中。あれから三年、浪花のヘプバーンこと、しのぶセンセがさらにパワーアップして帰ってきた。もう誰にも止められない!?抱腹絶倒、でもチョッピリ切ない物語。いま人気急上昇中の俊英が贈る…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

美しき凶器/東野圭吾

美しき凶器 内容(「BOOK」データベースより) 安生拓馬、丹羽潤也、日浦有介、佐倉翔子。かつて世界的に活躍したスポーツ選手だった彼らには、葬り去らなければならない過去があった。四人は唯一彼らの過去を知る仙堂之則を殺害し、いっさいのデータを消去。すべてはうまく運んだかに思われたが…。毒グモのように忍び寄る影が次々と彼らを襲った!迫り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変身/東野圭吾

変身 内容(「BOOK」データベースより) 脳移植手術を受けた青年にしのびよる灰色の恐怖。君を愛したいのに、愛する気持が消えてゆく…。全編にみなぎるサスペンス。 (ネタバレ・感想)再読3回目  1991年の作品ながら、作者がおっしゃる通り売れ始めたのは2005年という現実を持つ本書。  まぁ東野さんの作品は少なからずほ…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

宿命/東野圭吾

宿命 内容(「BOOK」データベースより) 高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で、奇しくも初恋の女の夫となっていた。刑事と容疑者、幼なじみの二人が宿命の対決を果すとき、余りにも皮肉で感動的な結末が用意される。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

香子の夢「ウインクで乾杯」に改題/東野圭吾

ウインクで乾杯 内容(「BOOK」データベースより) パーティ・コンパニオン小田香子は恐怖のあまり声も出なかった。仕事先のホテルの客室で、同僚牧村絵里が、毒入りビールを飲んで死んでいた。現場は完全な密室、警察は自殺だというが…。やがて絵里の親友由加利が自室で扼殺され、香子にまで見えざる魔の手が迫ってきた…。誰が、なぜ、何のために…。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

怪しい人びと/東野圭吾

怪しい人びと 内容(「BOOK」データベースより) 俺は同僚の片岡のデートのために一晩部屋を貸してあげた。その後、そのことを片岡から聞いた2人の同僚、本田と中山にも部屋を貸すことになってしまう。3カ月後のある日、いつものように、車から部屋に戻ると、見知らぬ女が寝ていて…。(「寝ていた女」)あなたのそばにいる優しい人が、いつの間にか怪…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

卒業 雪月花殺人ゲーム/東野圭吾

卒業―雪月花殺人ゲーム 容(「BOOK」データベースより) 大学4年の秋。就職、恋愛に楽しく忙しい仲よし7人組・その中の一人、祥子がアパートの自室で死んだ。部屋は密室。自殺か、他殺か!?残された赤い日記帳を手掛りに、死の謎を追及する友人たち。だが、第二の全く異常な事件が起って…。錯綜する謎に挑戦する、心やさしき大学生・加賀恭一郎。卓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルータスの心臓/東野圭吾

ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー 内容(「BOOK」データベースより) 産業機器メーカーで人工知能ロボットの開発を手がける末永拓也。将来を嘱望される彼は、オーナーの末娘・星子の婿養子候補になるが、恋人・康子の妊娠を知り、困惑する。そんな矢先、星子の腹違いの兄・直樹から、同僚の橋本とともに、共同で康子を殺害する計画を打ち明けられ……
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

白夜行/東野圭吾

白夜行 出版社/著者からの内容紹介 19年前の大阪の質屋殺し。迷宮入りしたこの事件に関係した少年と少女が歩んだ道は…。絶望の白い光の中、魂の荒野を行く男と女を、叙事詩的スケールで描く傑作ミステリー長篇。 (ネタバレ・感想)再読5回目  初めて本書を読んだ時、ページをめくる手がとまらない、でも、とめたいという矛盾に直面し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more