テーマ:

ぼくと1ルピーの神様/Vikas Swarup

ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ランダムハウス講談社 ヴィカス スワラップ ユーザレビュー:映画よりもいい。今年 ...映画も原作も面白いの ...映画とは違った結末タ ...Amazonアソシエイト by (内容紹介) クイズ番組でみごと全問正解し、史上最高額の賞金を勝ちとった少年ラム。 警察は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日を忘れた明日の僕へ/黒田研二

今日を忘れた明日の僕へ (ミステリー・リーグ)原書房 黒田 研二 ユーザレビュー:図書館でふと選んだ本 ...面白い 犯人はどうも ...記憶の大切さを痛感人 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 内容(「BOOK」データベースより)  あの嵐の夜、僕は事故にあったらしい。それ以来記憶を蓄積できないからだにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パラドックス13/東野圭吾

パラドックス13毎日新聞社 東野 圭吾 ユーザレビュー:東野版「漂流教室」? ...パニックの裏にある哲 ...彼らはどう行動し、ど ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 内容(「BOOK」データベースより) 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

少女/湊かなえ

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)早川書房 湊 かなえ ユーザレビュー:告白を超えていない作 ...未成年者向けケータイ ...とても読みやすかった ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 【内容紹介】  高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウェディング・ドレス/黒田研二

ウェディング・ドレス (講談社文庫)講談社 黒田 研二 ユーザレビュー:全ての真実が明かされ ...よく書き込まれたミス ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 内容(「BOOK」データベースより) 結婚式当日、何者かに襲われた祥子。婚約者のユウ君と手分けをしながら、祥子は真犯人を目指した。鍵となったのは、あるビデオに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七月のクリスマスカード/伊岡 瞬

七月のクリスマスカード角川グループパブリッシング 伊岡 瞬 ユーザレビュー:心の傷を抱えた人を今 ...今回は暗さが目立った ...読後の不快感「いつか ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 内容(「BOOK」データベースより)  両親の離婚後、母と弟の3人で暮らす小学6年の杉原美緒。無理をしてきた母はアルコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚夢/薬丸 岳

虚夢講談社 薬丸 岳 ユーザレビュー:重いテーマだけど面白 ...余韻が不足心神喪失者 ...子を思う親の気持ち。 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ (「BOOK」データベースより) 愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失」で罪に問われなかった。運命を大きく狂わされた夫婦はついに離婚するが、事件…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

聖女の救済/東野圭吾

。 聖女の救済文藝春秋 東野 圭吾 ユーザレビュー:実に面白い!読みはじ ...完全犯罪 本当に面白 ...一気読みよみでした! ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ■内容紹介■  ガリレオが迎えた新たなる敵は・・・・・女。  男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイが…
トラックバック:10
コメント:2

続きを読むread more

ガリレオの苦悩/東野圭吾

■内容紹介■ 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう (ネタバレ・感想) 落下る(おちる)アイデアがあるなら試せばいい。価値のない実験なんかない。  マンションの一室から女性が転落死した。内海刑事は、転落死を目撃した岡崎が犯人では…
トラックバック:7
コメント:6

続きを読むread more

告白/湊かなえ

告白双葉社 湊 かなえ ユーザレビュー:湘南ダディは読みまし ...今期最高傑作かも.. ...読み進めずにはいられ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ <内容紹介> 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

誘拐児/翔田 寛

誘拐児講談社 翔田 寛 ユーザレビュー:う~ん、難解書店の薦 ...期待を込めての受賞作 ...乱歩賞は役目を終えた ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 出版社 / 著者からの内容紹介 第54回江戸川乱歩賞受賞作 昭和21年、帰らなかった誘拐児。悲劇はそこから始まった――。 緊迫の推理。かつてなく切…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

君の望む死に方/石持浅海

君の望む死に方 (ノン・ノベル 845) 出版社 / 著者からの内容紹介 私は君に殺されることにしたよ しかも殺人犯にはしない──。 死を告知された男が選んだ自らの最期。 周到な計画は、一人の女性の出現によって齟齬(そご)をきたしはじめた 膵臓ガンで余命6ヶ月── 〈生きているうちにしか出来ないことは何か〉 死を告知…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

流星の絆/東野圭吾

流星の絆 (作品内容) 「BOOK」データベースより 惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。 全ての東野作品を凌ぐ現代エンタメ最高峰! 殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、静奈の兄妹…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

繋がれた明日/真保裕一

繋がれた明日 (朝日文庫) 内容(「BOOK」データベースより) この男は人殺しです―。仮釈放となった中道隆太を待ち受けていた悪意に満ちた中傷ビラ。いったい誰が何の目的でこんな仕打ちをするのか?孤独な犯人探しを始めた隆太の前には巨大な“障壁”が立ちはだかった…。殺人を犯した者の“罪と罰”の意味を問うサスペンス巨編。 (ネタハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイイング・アイ/東野圭吾

ダイイング・アイ  東野圭吾、幻の傑作がついに解禁! 刺すように苦く、ただれるように甘い、夜の街のサスペンス!!  雨村慎介は病院のベッドで目を覚ました。頭を殴られて、倒れていたというのだ。慎介は、事件の前後の記憶が一部欠落していた。自分は誰に、なぜ殴られたのか?失われた記憶と、まわりの人間の不可解な行動に、慎介は不信感を募らせてい…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

ハッピーエンドにさよならを/歌野晶午

ハッピーエンドにさよならを 出版社 / 著者からの内容紹介 事件の裏には多種多様な殺意が存在する――。一風変わった殺人の動機に焦点を当てる著者初の短編作品集。 (ネタバレ・感想) おねえちゃん  う~ん、予想通りの展開ですか・・・。歌野さんなら、もう一ひねり来るかなと身構えてたのに・・・。 サクラチル  まぁ、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクリファイス/近藤史恵

サクリファイス (「BOOK」データベースより)  ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ―。  二転三転する真相、リフレインし重きを増す主題、押し寄せる感動!自転車ロードレースの世界を舞台に描く、青春ミステリの逸品。 (ネタバレ・感想)  もう何年ぐらい前だろうか?  曽田正人さんの「シャカリキ」とい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

一応の推定/広川純

一応の推定 内容(「BOOK」データベースより) 轢死した老人は事故死だったのか、それとも愛しい孫娘のために自殺したのか。ベテラン保険調査員・村越の執念の調査行が、二転三転の末にたどり着いた真実とは?第13回松本清張賞受賞作品。 (ネタバレ・感想) ‘まさに松本清張を彷彿とさせる傑作ミステリー!’  この帯の言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K・Nの悲劇/高野和明

K・Nの悲劇 内容(「BOOK」データベースより)  夏樹果波は、幸福の絶頂にいた。仕事で成功した夫、高層マンションでの新しい生活。ところがそんな矢先、子供を身ごもった。予期せぬ妊娠だった。中絶という苦渋の選択をした瞬間から、果波の精神に異変が起こり始める。精神の病か、それとも死霊の憑依なのか。科学と心霊の狭間で、夫と精神科医が治療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天才たちの値段/門井慶喜

天才たちの値段 内容(「MARC」データベースより) 子爵の屋敷の地下室に秘蔵されていた巨匠ボッティチェッリ作「秋」。これは世紀の大発見か、罪深き贋作なのか? 鑑定眼ならぬ「鑑定舌」で真贋を見きわめる天才美術探偵、神永美有が活躍する美術ミステリー。 (ネタバレ・感想)  前にも書いたと思うのだが、自分には芸術性というものが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタコンベ/神山裕右

カタコンベ (講談社文庫) (内容紹介) リミットは水没するまでの5時間 洞窟に閉じ込められた調査隊が危ない!「贖罪」の思いを胸に、単身、救助に向かった青年を襲う「殺人者」の恐怖。 史上最年少24歳3ヵ月!第50回江戸川乱歩賞受賞作 <選評より> ・物語の大半が洞窟の闇の中で展開されるという、なかなかに魅力的な枠組みを持った…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チョコレートゲーム/岡嶋二人

チョコレートゲーム (講談社文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 学校という名の荒野をゆく、怖るべき中学生群像。名門秋川学園大付属中学3年A組の生徒が次々に惨殺された。連続殺人の原因として、百万単位の金がからんだチョコレートゲームが浮かび上がる。息子を失った一人の父親の孤独な闘いをたどる、愛と死のショッキング・サスペンス。日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルキメデスは手を汚さない/小峰元

アルキメデスは手を汚さない (講談社文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 「アルキメデス」という不可解な言葉だけを残して、女子高生・美雪は絶命。さらにクラスメートが教室で毒殺未遂に倒れ、行方不明者も出て、学内は騒然!大人たちも巻き込んだミステリアスな事件の真相は?’70年代の学園を舞台に、若者の友情と反抗を描く伝説の青春ミス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沈底魚/曽根圭介

沈底魚 (内容紹介) 本年度、江戸川乱歩賞受賞作! 眠れるスパイ「沈底魚」が動き出した。正体は大物政治家か、それとも中国の偽装工作か。 真相究明に暗闘する刑事たちの姿をリアルに描いた、本格公安ミステリー! (ネタバレ・感想)  第53回江戸川乱歩賞。  おそらくではあるが、このような公安ミステリーを読むのは初めてか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリアス学園/鯨統一郎

ミステリアス学園 内容(「BOOK」データベースより) ミステリアス学園ミステリ研究会、略して「ミスミス研」。ミステリは松本清張の『砂の器』しか読んだことがない、新入部員・湾田乱人が巻き込まれる怪事件の数々。なぜか人が死んでいく。「密室」「アリバイ」「嵐の山荘」…。仲間からのミステリ講義で知識を得て、湾田が辿り着く前代未聞の結末とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラインの壺/岡嶋二人

クラインの壺 (講談社文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 200万円でゲームブックの原作を、謎の企業イプシロン・プロジェクトに売却した上杉彰彦。その原作をもとにしたヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることに。美少女・梨紗と、ゲーマーとして仮想現実の世界に入り込む。不世出のミステリー作家・岡嶋二人の最…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

そして扉が閉ざされた/岡嶋二人

そして扉が閉ざされた 内容(「BOOK」データベースより) 富豪の若き一人娘が不審な事故で死亡して三カ月、彼女の遊び仲間だった男女四人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた。なぜ?そもそもあの事故の真相は何だったのか?四人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は?極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夜明けの街で/東野圭吾

夜明けの街で (内容紹介) 15年前の殺人事件。 まもなく時効を迎える。 僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。 渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

生存者、一名/歌野晶午

生存者、一名 (祥伝社文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 鹿児島の遙か沖の孤島、屍島に六人の男女が降り立った。彼らは都内で爆弾テロを行なった四人の実行犯と二人の幹部だった。翌日、幹部の一人が船とともに姿を消し、残りの五人は文字通り絶海の孤島に閉じ込められた!組織に対する疑心と、食料をめぐる仲間同士の暗鬼。やがて、一人また一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷の華/天野節子

氷の華 内容(「MARC」データベースより) 結婚12年の隆之と恭子は、誰もが羨む夫婦生活を送っていた。ある日、恭子のもとにかかってきた夫の愛人と名乗る女からの電話。そこで告げられた事実が、彼女を殺人へと駆り立てる。罠が罠を呼ぶ、本格ミステリー。 (ネタバレ・感想)  なんとデビュー作なのです。  しかも還暦を迎えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more